5/22 畑仕事の終了とりあえず

20日 素晴らしい晴天。母の退院は午後からで、昼飯は鈴蘭の辛味噌ラーメンにして、病院で待つ。
両目は明るくなったが、ベッドが変わったせいか足が痛むと云う母。早く自宅に戻って、いつもの生活を取り戻さねばね。
夕飯時にカミサンが合流して、皆で退院を祝った。

21日 素晴らしい快晴が続く土曜日。
午前中は畑仕事、昼は再び鈴蘭にラーメンで思わぬ人と会う。
午後からはカミサンの実家の後片付けに行く。月寒の叔母が地道に片付け作業を続けて入れていて、出たゴミを運べとFAXで指示が来る。

月寒にこれらの荷物を降ろして、探していたカミサンの茶道具が見つかったので貰ってくれると云う友人宅まで運んだり、買い物してあれこれして実家に戻る。
f0057955_20491910.jpg
22日 素晴らしい快晴の続く日曜日。昼前にカミサンが一足先に千葉に戻った。
さあて畑仕事の最後と思ったら、死んだ妹の旦那が母の見舞いに寄ってくれて、ひとしきり話す。
気温は高いが吹く風が心地よい畑で、人参と大根の播種をして、これで今回の畑仕事は終了だ。

野良生えのアスパラガスが、この陽気でニョキニョキと育つ。毎日収穫しているのに、思いがけず今日もたくさん採れて、夕食は茹でて酢味噌でいただいた。何と言っても採りたては香りが違う、美味である。
by yokuya2006 | 2016-05-22 20:58 | 日常の雑感、覚書 | Comments(2)
Commented by rollingwest at 2016-05-23 22:32
最近はなかなお忙しそうですね。
Commented by yokuya2006 at 2016-05-24 18:45
仕事ではなく、実家の母がねぇ。
まあ、海よりも深い恩が在りますゆえ、仕方がないですね。