5/13 まずは左目

12日 朝起きて実家に向かうには、ちと時間がある。どーれ、ループ化した市電に乗ってみようか。すすきの駅から二つか三つ先の本願寺前駅を、ぐるりと反対側から回ってみる。
f0057955_18465261.jpg
一時間ほどヒマつぶしして、レンタカーを借りて実家に向かう。母はすっかり入院の支度を終えていて、それでは参りましょうか。

入院時間の午後2時に母を置いて、私は野幌まで走る。プライベートの帰省ではあるが、研究員氏に雑誌への投稿をお願いしていて、編集部との打ち合わせを企画したのだ。大学の駐車場で、思いがけない方にもお会いする。楽しく意見交換して戻る。

13日 まずは左目の手術は午後1時から、では午前中は実家の畑仕事に精を出そう。仕事の段取りを付けて病院に向かう。
ところが病院に到着してみれば、まだ手術は始まっていない。前の予定が詰まっているとかで、私はカミサンの実家に向かった。

探していたものが出てきたとの叔母の連絡で確かめに来た訳だ。おお確かにありました、これだけ家中を捜していたのに、今になって見つかるとはね。お隣さんに、早くも排雪業者の手配をお願いする。

園芸センターによれば、やや早いが野菜苗が売られているので買い求める。病院に戻れば、既に手術は終わっていた。
特に問題もなく30分余りで手術は終わったらしい。眼帯は明日取れると云うので、それではまた来ます。
by yokuya2006 | 2016-05-13 22:28 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)