4/19 館林と赤坂見附で打ち合わせ

18日は月曜日。随分暖かくなって、つつじの花が咲き始めている。
事務所では新製品の販促物をようやく配り終えて、午後からはサイトの更新作業。まったく、恰好だけ良くして中身が伴わぬので、コツコツと直していくのである。
こんな事が平然と出来る神経が信じられぬ。まあ、そーゆーメンタリティの方なのだ、周囲の目は馬鹿ではないぞと云っておく。
f0057955_22285971.jpg
19日は10時過ぎに館林で打ち合わせとなり、北千住から東武鉄道の特急に乗る。着いた館林は素晴らしい春日和で、観光したい気分也。
打ち合わせを終えてタクシーで戻れば、次の特急まで一時間ある。しめたとばかり、田中正造記念館を覗いてみたのだ。
f0057955_2240971.jpg
我が社を含めたグループ企業の創始者の、そのまた師匠格の方なのである。公害の原点と云われる足尾銅山鉱毒事件への対処を求めて、当時の明治天皇に直訴したエピソードが有名だが、当時の国力増強に邁進する我が国にあって、流されずに沈黙せずに「民あっての国」であることを訴えた方である。
小一時間、資料展示を見させてもらい、ボランティアのおじさんに丁寧に駅までの戻り道を教えていただいて感謝。
f0057955_22405226.jpg
都内に戻って3時からは赤坂見附で打ち合わせだ。都会だなぁ。田舎者の私は足がすくむし、地下鉄の駅の構造も判らぬのである。

帰宅して、春キャベツのアンチョビ炒め、豆腐とセリのお浸し、海老しんじょを筍と大葉で挟んで揚げたが、これは失敗料理だったな。まあ、失敗は成功のもとである事にしておこう。
by yokuya2006 | 2016-04-19 22:45 | 仕事と出張 | Comments(2)
Commented by rollingwest at 2016-04-20 06:17
昨年9月に訪ねた館林、つつじ公園や分福茶釜や茂林寺が懐かしい。実は先週末も館林に行って来たのです。9月に田中正三記念館(館林)を訪ねたのですが休館日だったのです。今回リベンジで足尾銅山や渡瀬遊水地見学の帰りに再訪しやっと見学ができました。鉱毒事件に天皇直訴した田中正三の波乱の人生を丁寧におじさんが説明してくれました。;
Commented by yokuya2006 at 2016-04-20 07:33
rwさん、お互い同じ方の説明を受けたのかも知れませんね。鉱毒が渡良瀬川周辺のみならず、遠く東京湾や銚子にも到達していた事は、驚きでした。