12/28 年金見込み額は0円です!

9月頃だったか、日本年金機構から「年金の請求手続きのご案内」が届いた。ああ、俺もいよいよ年金が貰えるのか、って思うよねぇ。

続いて、近所の銀行から「年金個別相談の案内」も届いた。こりゃ用意しておかねばと考え、早めに予約を入れて聞きに行った。
申請書類の書き方と必要書類を教わって、受給開始は平成28年1月との事。年金の受取口座はこの銀行に決めて申請書類にも銀行の受付印を押してもらった。ますます貰えるンだと思うよねぇ。

誕生日がたまたま札幌出張だったので、故郷の区役所で戸籍謄本を取得して、先日にはちょっと会社を抜けさせてもらって年金用の住民票も取得して、さあ準備万端。年末で会社を休みにしている今日、勇んでルイガノ号を漕いで年金事務所に提出に行ったのだ。
f0057955_17115283.jpg
結果、平成28年1月現在の年金見込み額は0円です。え~、そーなの!

受け取る権利は発生したが、まだ働いており厚生年金保険に加入していると、勤務先からの報酬によっては年金の一部または全部が受け取れない場合があります。ふーん。
じゃあ今日来た意味はなかったの?と聞いたら、いえ年金の受け皿は出来ました、との返事だった。

私は定年を過ぎて再雇用なのだが、給料はボーナスも含めて随分と減額されたが、それでも高額所得者なので老齢基礎年金は貰えない事がようやく分かった。

このまま65歳まで働けば、基礎年金分はまったく貰えずに、厚生年金が上乗せされた時点でようやく受給対象となるらしい。また65歳までに退職、或いは大幅な給料ダウンがあれば、その時から基礎年金は貰う事が出来るンだそうな。

今までまったく年金の事など勉強してこなかったので、これは驚いた。

で、年金の手続きが終わったら、金利上乗せ定期に加入できるから銀行に来いと言われていた。窓口で事情を話したところ、先に提出していた年金予約サービスが「受取り開始年月:平成27年12月」と書いてあるので、4年後に変更手続きをしてくれと言う。まったく、何のための個別相談だったのか。無知な私も悪いが、過日の説明員のオッチャンもとぼけたモンだ。

ドタバタの上で、何とか0.1%金利上乗せの定期預金は作ってきたが、ぐったり疲れてしまったぞ。まあ、お金に不自由はしていないので、イイんですけどね、別に。
by yokuya2006 | 2015-12-28 17:18 | 日常の雑感、覚書 | Comments(4)
Commented by そりゃないよ獣医さん at 2015-12-29 11:38 x
年金屋さんは、おっとろしい人たちばかりです。こちらが手続きしなければ、何もやってくれない。金ほしければそっちから来いというのです。全くの事務音痴の技術屋にとって面倒くさいことこの上ない。
あー、厭だね。
愚痴を言うと、下の人たちはもっと大変になるといわれる。上の人たちが羨ましい限りです。と下の、バイオマスさんにも言われるのでしょう。私は仕事してますからいいのですが、世間から隔絶されたような存在になっている獣医さんばかりです。何かすることを見つけなければ、年金が医療費になるだけです。
Commented by yokuya2006 at 2015-12-29 16:11
そりゃないよ先輩、無知を晒してお恥ずかしい事でございます。

年金事務所、初めて行きましたけど確かに昔のお役所の匂いがしますね。職員の方々は公務員じゃあないと記憶してますけど、その為に時代に取り残されてる感じです。今のお役所は、ずいぶん親切になりましたものね。

待ち時間の電光表示は平気で20分早まるし、カミサンの収入証明を貰って来いと云うので「私でも発行してもらえますか」と聞けば、それは市役所で聞いてくださいなんて言われたり。やたらと書類は多いし、ベラボーに紙を印刷してボールペンでチェック、チェック、チェックだし、今の時代にきっと基幹システムが古臭いンでしょうね。と感じました。
Commented by smallcreature at 2015-12-29 17:13
一応、マイナンバー制ってそういう手続きがスムーズにいくようにするためのものなのだろうと理解していますが、何か無事に行く気がしません…^^;
Commented by yokuya2006 at 2015-12-29 20:31
smallcreatureさん、戸籍謄本とか住民表とかが要らなくなるのだったら、国民総背番号制(今は英語で言うらしい)はよいシステムなのだと思います。