8/7 灼熱の一週間だった

このところ起床すれば部屋の中の温度計は29℃台、空は青く晴れ上がって雲もなく、昼を待たずに気温は30℃を越え最高気温は35℃以上。過酷な温度条件の中に居た。
f0057955_1411150.jpg
こうまで続くとゲンナリだ。各地で熱中症による死者も出ているようだ。

3日 午後からプロジェクトの半期報告会に臨む。特に想定外の事も無し、めでたい。

4日 一日事務仕事、28℃設定とはいえエアコンの下での仕事は体が楽だ。

5日 在庫を切らしていた製品の新包装ロットが、ようやく配送センターに到着する。喜び勇んでルイガノ号で二時間弱の行き帰り。大汗をかいて、一度自宅に戻ってシャワーを浴びたらドッと倦怠感に襲われた。
大丈夫なつもりでいたが、この気温の中の運動は体にこたえるのだな。少し休息を取ってから出社して、放課後には昔の取引先と懐かしく会食した。

6日 終日プロジェクト会議。具体化が進んでいて、これから忙しくなる。

7日 先月の販売実績をまとめたところで、顧客から頼まれていた製品改良に今更「待った」がかかって社内調整。
文句を言いたいところだが、相手が要らぬと云うものを押し売りする訳にも行くまいな。しかし呆れた話だ。

午後から休みにして耳鼻咽喉科。副鼻腔炎で抗生剤の投与を続けているが、どうもはっきりしない。CTを撮ってみましょうと云うことになり、20日に近所の大病院を予約した。
by yokuya2006 | 2015-08-09 14:03 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)