2/14 生命保険の期間満了

今の会社に入社した頃、昼休みになると職場を回遊していた生命保険のおばちゃん達がいた。誘われて加入して、その後のどこかで終身型に切り替えて現在に至る。その保険も、この4月末で期間満了となり、払い込みは終了だ。と同時に、死んだら1900万円の保証期間も満了だ。たしか数年前に、支払金額を縮めて保証金額も大幅に下がっていたのだが。

特に家庭を持ってからは、私が死んだら一時金は必要だろうと考え継続してきたが、定年間近となった今、息子二人も既に職についておりカミサンまで働いているのだから、生命保険の役目は無事終了。まあ保険会社には得をさせてしまったが、死ななかった事を喜ぶべきか。

通知によれば、満了後の選択肢が幾つかある。
このまま支払いを終え、後は死んだ時に206万円貰えるコース。
支払いを終え、5年間の年金(総額124万円)を受け取るコース。
解約して一括で157万円を受け取るコース。
そして小額の支払いを継続して、死んだ時の206万円に加えて医療保険の付加を続けるプランがあり、これも5年間の年金(若干増える)受け取りに変更する事が出来る。つまり五つの中からお選び下さいと云う訳だ。

死んで206万円が一番金額は多いが、私が受け取る事は出来ない。葬式代と云うところか。現ナマが欲しければ解約して157万円なのだが、今のところ金には困っていないので、まあ良かろう。5年の年金は金額が下がってしまって損した気分。医療保険なら、世の中いろいろ用意されているから、続ける意味を感じない。

少し悩んで、葬式代に決めたのだ。
カミサンよ、息子等よ、私が死んだら206万円!忘れるべからず。
by yokuya2006 | 2015-02-14 11:44 | 日常の雑感、覚書 | Comments(2)
Commented by tokyosurface at 2015-02-14 12:38
無駄になってよかったですね。^^
そうそう、今時分は保険のおばちゃんがチョコレートを配って回るのが風物詩でした。
最近はどうなのかな?
Commented by yokuya2006 at 2015-02-14 16:09
30年前は、事務所の中におばちゃんたちがゾロゾロ入ってきて、大らかなものでした。勿論、総務には挨拶していたのでしょうけれど。そうそう、チョコも貰いました。

今の時代、事務所の中に外部の人を入れるのは原則禁止。保険屋さん達も廊下の椅子席や面談スペースを使っているみたいですね。時代は変わりましたねえ。