12/4 来る防寒を考える

3日 会社を3時過ぎに抜け出して、カミサンの見舞いに行く。経過は良好である。帰宅して、今日は息子が遅いので一人分の夕飯を作る。
f0057955_2345752.jpg
ホタテを解凍して青梗菜と炒め物はオイスターソース味、
f0057955_23453085.jpg
そして三陸の生鮭をオーブンでバタ焼きの手抜き料理で、ビールを飲みつつX-MENのDVDを見る。そこそこ良い出来だが、プロフェッサーもマグニートーも老けたなぁ。

4日 イベントの報告、11月実績の解析をこなして、昼から市内の事務所に打ち合わせに出る。プロジェクトへの協力をお願いして、今日も早めにそのままカミサンの病院へ見舞いに行く。

ここ3日間、とても寒いし風も強い。一気に冬到来の様子だ。
7時過ぎに息子も見舞いに来て、一緒にポルテ号で帰宅して、いろいろと料理を作るが忙しくて写真には取り残せなかった。まあ、毎日似たようなものなのだ。

冷えてきた居間にガスストーブを出してみた。そこそこ暖かいが、冬本番には明らかに暖房能力が不足だろうな。この団地は温水暖房を前提に建築され、そして今や温水暖房は死んでいるので、さあ回りの方々はどうして暖を取っているのでしょう。エアコンなのかなぁ。基本は防寒の衣服を着込む事なのだろうなぁ。
by yokuya2006 | 2014-12-04 23:53 | 日常の雑感、覚書 | Comments(2)
Commented by rollingwest at 2014-12-05 06:54
奥様大丈夫ですか?気が抜けませんね。お疲れ様です。本当にあっという間に冬になりましたね。でももう師走ですからね。あと1ケ月後には正月休みを終えて仕事始めをしているのかと、最近、時が経つのが早過ぎることを実感します。
Commented by yokuya2006 at 2014-12-06 17:55
RWさん、ホントにもうすぐ一年が終わるのですね。
早い早いと取り残されぬよう、きっちりとスケジュール管理をしてやるべき事はやらねばと思います。