9/5 早や金曜日

4日の朝イチJetstarで成田、うーむ関東はまだ秋ではないな。
それでも車窓から見る田んぼでは、稲刈りが半分ほど進んでいた。
f0057955_2247649.jpg
午後から会社に出て、大車輪で仕事する。溜まった決裁を済ませ、メールを読み、返信して、いつもの通り出張後のバタバタである。8月実績をデータベースから抽出して解析してリリース、そこそこの成績で安堵した。
自宅では早めの就寝、やはり疲れているのだ。涼しいのかと油断したら寝汗をかいて、なかなかに寝付けなかった。

5日 いろいろ為すべき事がありポルテ号で出勤。偉い方から昼の蕎麦を誘われて、大いに予定が狂う。昼前の来客はこなしたが、午後の打ち合わせに遅れ、帰路に引っ越しの契約書を入手して、手続き書類を作成するも銀行窓口は既に閉まっているから来週の心だ。

放課後には、引っ越しで開設が必要となった銀行口座のカードを受け取りに郵便局まで走る。段ボール箱も届いているので、この土日は箱詰め作業に精を出すことになる。引っ越しまであと二週間と迫っている。要らぬものはドシドシ捨てるのだ。

ところでデング熱、やはり殺虫剤の散布ではなく「立ち入り禁止」が正しい措置であった事が明白になってきた。そして、薬剤散布後にサンプリングされた蚊からウイルス検出しかも複数とは、地域内に保菌者がいる事を示している。蚊と一緒にキャリア(人間)を駆除するなど出来ないのだから、やはり「近づくべからず」が正しい対処法である。

危ないところに薬を撒いて「対処したフリ」は、やめて欲しい。どうして、こんな単純な事が専門家とやらには判らないのだろう。生態系を壊すだけなのである。
by yokuya2006 | 2014-09-05 20:49 | 日常の雑感、覚書 | Comments(2)
Commented by そりゃないよ獣医さん at 2014-09-06 00:03 x
期せずして、ほぼ同じことかいけます。少々驚きです。デング熱で、タブンスミチオン播くのは絶対そりゃおかしい。ゼ
たった2か月使用禁止にすれば済む問題である。
Commented by バイオマスおやじ at 2014-09-06 09:53 x
そりゃないよ先輩と同意見とは恐縮で、光栄です。
都会の方々は即物的ですから、「蚊がいる」「薬を撒け」です。生物学徒は蚊の後ろに生態系を見てしまいますから、これが暴挙だと分かります。
薬を撒いて大殺戮のあった場所を、微小生物の呻き声が聞こえる汚された地を、対処が終わったのだからと日常同様に歩ける都会人の感受性の無さ。これで感染していりゃ世話ないヨ、と思います。
ところで私も10日には四谷に出向かねばなりません。仕事とは云えいやだなぁ。