6/29 畑は順調

土曜日はほぼ一日を畑に居た。
あれだけの雨の後だから、畑の表面は乾いていても少し下には十分な湿り気がある。この状態だと、しつこいスギナの地下茎まで指を回して抜きやすい、助かる。

雨が上がった後で、それほど好天が続いたわけではないらしく、作物の成長も思ったほどではないようだ。早朝から光合成を支援するためのアミノ酸液肥を葉面散布して回る。
花が咲いてしまったチンゲン菜は蒔き直しだな。ラディシュも割れてきたので全部収穫して、これも蒔き直し。空いた畑に、何とか隙間を作って、白カブ、第二弾のホウレン草、モロヘイヤなどを蒔く。

早朝のアミノ酸液肥は即効性があり、夕方には作物の葉の色合いがぐっと良くなってきた。二週間に一度ほど散布できればベストなのだが、今度はいつ来れるだろうか。
f0057955_943273.jpg
日曜日の早朝、ズッキーニの花が開いている。もう上の雄花と受粉したようだ、虫さんお世話になります。ゴーヤも身が成り始めた。これで長さ5cmほど、食べられるのはいつの日か。
f0057955_9474126.jpg

by yokuya2006 | 2014-06-29 09:45 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)