6/7 雨降り続く

朝はポルテ号でNPOの作業に向かう。生ごみ処理機に付属する脱臭槽の掃除をすることになっていて、2時間はかかっただろうか。
その後はロビーでお茶を飲みながら、市役所に届ける書類に署名捺印したり、会長・事務局長といろいろ話す。こんな書類仕事を事務局長氏に押し付ける形になってしまい、申し訳ないと思う。

会社の事務所に出て、少々仕事をしたふりをする。
帰宅して、風にやられたバジルに手をやりつつ、花を付け始めた莢隠元をみれば、おや10mmほどの実が育っていた。あと十日ほどで食べられそうだな。
f0057955_2251038.jpg
出張前から気になっていた机周りを片付けて整理、ようやく落ち着けた気がする。

北海道から届いた太いアスパラで、カミサンが炒め物を作ってくれて、旨い旨い。少し離れたスーパーで新得共働学舎のカマンベール「雪」を買ってきてあって、ちょうど食べごろで美味い美味い。まだ雨は降り続いているが幸せな夜である。この雨を、少しばかり北海道にも持って行ってあげたい。
by yokuya2006 | 2014-06-07 22:08 | 日常の雑感、覚書 | Comments(2)
Commented by rollingwest at 2014-06-08 07:49
普通、梅雨入りしたばかりではこんな大豪雨になることは珍しいですよね。本当に梅雨末期みたいな雨の降りかたです。5月末には全国的に連日35度猛暑日を記録し6月初めの豪雨とは・・。今年も何か異常気象の様な雰囲気を感じますが、こんな激しい気象が続くとまたも農業にも深刻な打撃を与えそうですね・・。
Commented by バイオマスおやじ at 2014-06-08 09:33 x
先週に行ってきた北海道では、暑さと乾燥で一番草も低収気味、このまま好天が続けば旱魃の心配もありそうです。酪農家さんには、この時期の気候が飼料作物の収量確保に、とても大切な時期なのです。