12/11 昔の勤め先が無くなっていた

午前中のシンポジウムを終えて、幽霊坂から秋葉原方面に抜ける。
テクテク歩いていると、自転車屋さんがあって、ビアンキが沢山陳列されている。札幌で冬眠しているカメレオン号が懐かしくて冷やかしに入って見たら、応対してくれた自転車乗りの店員のお兄さんによれば、都内に4つあるビアンキ直営店であったのだ。ビアンキばかりで当たり前か。

直営店なので、何なら私のような巨人にも合うサイズの自転車を輸入することもできますよ、とか。特段に高くつく事はないらしい、嬉しいなぁ。日本には日本人に合ったサイズの自転車しか入ってこないが、外人さんはでかいよね。そりゃそうか。
f0057955_21551070.jpg
時間があったので三越前まで歩いて、そうだここまで来れば昔の職場が近いのだ。小伝馬町から馬喰横山の繊維問屋街に向かって歩いてみた。昔通った懐かしい街並みだが、通りの遠くにスカイツリーが聳え立つ。そうか、こんな位置関係だったのだな。
f0057955_21552583.jpg
で、昔の我が社が入っていた第二北海ビルが見つからない。JR馬喰町のA2出口の向かい側は、何と!ビルが無くなり整地されていた。
東京に転勤してきて数年間を過ごしたビルが無くなってしまった。寂しいものだ。
後には14階建てのビルか建つらしい。

気を取り直して、人形町から日比谷線、八丁堀から京葉線で帰宅した。まだ明るいが、ポルテ号に積んでおいた古い布団をクリーンセンターに捨てに行く。帰路に酒を買い、クリニックで年末年始の降圧剤を処方してもらい、アムロジピン30日分をゲットする。

人形町で買ってきたジャンボ油揚げを煮込んで、後は帰ってきたカミサンに任せる。風が強くなり、夜が更けていくのである。
by yokuya2006 | 2013-12-11 22:11 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)