7/30 何故か今夜も酒が呼ぶのだ

29日 朝は、周囲が真っ白になるほどの雨。なるほどこれが降り続けば、山口や島根のような洪水になるわけである。車で出社した。
稟議と広告原稿作成でバタバタする。昼休みには社内にコンサートの招待券を配りまくる。20名ほどの参加が得られそうで、一安心した。定時の30分前に早退させてもらって、昨日ゲットできなかった降圧剤を受け取って、自宅に車を置いて、街に出る。
退職される監査役の歓送会があった。聞いたこともなかったが、64歳だったのですね。まだお若い。いろいろ若かりし頃の武勇伝などを聞いて、早めに解散。
帰宅して、また家族と酒を飲めば、これは飲み過ぎであった。

30日 出張報告やらの残務を片付けて、一日が終わらんとす。
と思いきや、偉い方からお声をかけていただいて、何故か飲みに出ることになる。飲み会が途切れぬことは良い事だ。
f0057955_21173885.jpg
蕎麦屋に入って、チーズの味噌漬け、手作りがんもどき、稚鮎とヤングコーンの天麩羅でビールと冷酒。蕎麦で締めて幸せになる。
今度は、釧路の工場を終わった先輩を呼んで、また飲みましょう。二次会はカラオケで英語の歌、など決める。
そうなのだ、この偉い方は激動の時期を乗り越え、我が社を切り盛りし、今は少し楽になられたのだなぁと、今更ながらに思い至ったのである。人生いろいろだなぁ。
by yokuya2006 | 2013-07-30 21:22 | 日常の雑感、覚書 | Comments(2)
Commented at 2013-07-31 06:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yokuya2006 at 2013-07-31 19:01
何故か鍵コメさん、この方は先輩なので唄う歌はも少し前です。
グリーンスリーヴスとか、スモーク・ゲッツ・イン・ユア・アイズとか、リズム・オブ・ザ・レインとか、サンフランシスコとか、最後はマイウェイかしらね。