7/15 一次方程式と坂木司

14日 連休中日の新千歳空港を昼前に飛び立つスカイマーク機に乗る。
そこそこ満席近い。シーズンなのだなぁ。昼過ぎに成田空港に着いて、やや遅い昼飯を食べて、JRの巡り合わせが悪くバスを選択した。このバスがまた、多分台湾からのお客を満載して、シーズンなのだなぁ。円安になったから来やすくなった、買い物もし易くなった事でしょう。日本を楽しんでいってくださいね、暑いけど。

お土産を配って、片付けをして、早いうちにビールを飲みながらカミサンと先日のアバターの続きを見る。よくできた映画だ。続いて、シャーロック・ホームズのロバート・ダウニー・Jr版の二作目を見て、まだ早いが寝てしまう。疲れているのである。

15日 金曜日にメールで頼まれた仕事は、週明けにのんびり取りかかるはずであったのだが、急がれてしまった。明日に事務所に出る前に、骨格だけは作っておかねば間に合わぬ。今日一日は、向こう四年間を見据えた事業計画の骨子の作成に充てた。

売上高の伸びに応じて増える直接販売経費。これをどう見こむかがカギであって、売上高比例ではいつまでたっても利益が出ない。代表的な年度を選んで推定しようと、回帰式:単なる一次方程式を解こうとしたら、戸惑って唖然とした。

考える事シバシ、ようやく思い出したが錆びついているなぁ。
心配になって、エクセル表で切片と傾きをもとに年次に計算したものを、散布図に作ってみて直線になっている事で安心する。y=ax+b、よかったよかった。
そもそも一次関数で推定がなるのか?の心配はある。まあ大目に見ておくわけである。

北海道土産を渡したら、もぎたてトウモロコシを10数本もいただいてしまった。
この時間になって、ようやく作業のゴールが見えてきて、もうひと頑張りだ。昼過ぎからは流石に暑くて、エアコンを背負って仕事をしていた。
f0057955_22152719.jpg
和菓子のアンでハマって、このところ坂木司の本をカミサンと競争で読んでいる。商店街やデパ地下を舞台にした若者の成長を追う青春ややミステリ小説、ひきこもりの友人をホームズ役に配した、人が死なないけど安楽椅子探偵小説、なんとも味のある小説群で、楽しみに読み進めている。また、作家買いすべき小説家を見つけた。
by yokuya2006 | 2013-07-15 22:20 | 日常の雑感、覚書 | Comments(2)
Commented by rollingwest at 2013-07-18 06:09
数学分析で左脳を鍛え、小説で右脳を癒す・・、素晴らしい思考並行能力です!
Commented by yokuya2006 at 2013-07-18 20:55
rwさん、ご評価を賜り恐悦至極に存じ奉りまする。