6/15 ニレチュウレンジ

会社の外に植えてある木に、気がつけば幼虫が大発生していた。
頭は虫っぽいし、脚も黒光りして逞しい。どうも蝶や蛾の幼虫ではなさそうだな。数も多いので、葉は葉脈を残して食い荒らされて、哀れな姿をさらしている。
f0057955_13134172.jpg
f0057955_1314945.jpg
この幼虫は、姿が所謂毛虫の類とは違和感がある。ネットの幼虫図鑑で調べてみたら、それらしい虫に辿り着いた。ハバチだ、ニレチュウレンジバチ。楡鐫花娘子蜂って書くらしい。

成虫の写真があって、ン これは記憶にあるぞ、この胸の赤いの。三年前の7月のブログに貼った写真と同じ虫だ。芝生の上でピョンピョンしていたのだが、さてはこの幼虫が蛹になって羽化したばかりだったのだな。芝生の上にはこの木があって、と云う事は、気付かなかったが毎年大発生していたのだろう。
f0057955_13241081.jpg
三年前の写真。
ようやく君の正体が判りましたよ。成虫の方がお洒落ね。と云う事は、この木はケヤキなのかしら。今度、緑化チームの誰かに聞いてやろう。植物の名前に疎い私である。
by yokuya2006 | 2013-06-15 13:26 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)