5/4 シロノワール、あぢさい寺、矢切りの渡し、その他

太田忠司の甘栗シリーズを読んだカミサンが、コメダ珈琲店のシロノワールが食べたいと言う。調べてみれば千葉にも数店あって、では柏小金に出かけてみよう。京葉線から南船橋で武蔵野線、新松戸から常磐線で一駅の北小金で降りて歩けば、あったあった、小金交番の向かいに新しげな建物。しかし何と!客が並んでいた。人気あるなぁ。
f0057955_21295362.jpg
田舎者の私は並ぶのが嫌いなので「諦めようか」と提案したが、せっかくここまで来たのだからとカミサンが席待ちの紙に記入して、待つ事しばし。席について、まだ11時前だから名古屋名物モーニングも頼めたのだが「たっぷり珈琲」単品にして、シロノワールを二人で一つ。モーニングは断っても、珈琲には豆菓子が付いてくる名古屋流。
f0057955_21344863.jpg
アツアツのデニッシュに冷たいソフトクリーム、メープルシロップをかけていただく。戦車は一人であっという間に食べたらしいが、我々には二人で食べるにちょうど良し。
ここまで来たから周辺観光、調べてみたら日蓮宗のお寺さんがある。本土寺、またの名を「あぢさい寺」とか。駅前を少し歩けば、立派な並木の参道に出た。
f0057955_21402315.jpg
参拝料500円は高いと思ったが、いざ中に入れば季節に応じて咲きわける樹木と花々、これだけ広ければ手入れも大変だろう、納得の参拝料だった。
f0057955_21405610.jpg
時が来れば、菖蒲池も、紫陽花も、紅葉も美しいらしい。今日のところは、やや終わりかけの藤の花。でも十分に美しい。
f0057955_21405888.jpg
しばし境内を散策して、参道にある蕎麦屋で遅めの昼食。汁はも少し辛いが良いが、旨い蕎麦。お店の雰囲気や好し。
f0057955_21412359.jpg
さて、このまま帰宅するのも勿体ないと、駅で付近の観光案内図を見つけて検討する。
よーし、千葉から河を渡って江戸に入ってみようではないか、矢切りの渡しを目指す事として松戸まで移動する。駅前からはバスに乗って、旧矢切り高校の終点から江戸川堤防を歩けば、船着き場に到着した。
f0057955_21535139.jpg
大人一人200円で乗せてくれる。10分ほどで対岸に渡ると、そこは東京都葛飾区。近くに寅さん記念館があった。葛飾側から見た江戸川。対岸の千葉県は農地が目立ったが、こちらに渡れば住宅が密集している。
f0057955_215495.jpg
テクテク歩いて柴又駅、金町まで一駅乗って、JRに乗り換えて、今度は都心を目指す事にした。秋葉原で降りて、今日の名古屋趣味の延長で味噌煮込み饂飩の店(正しくは神田和泉町である)を訪ねてみるが、これは連休は営業していそうもない構えだ。
f0057955_2233682.jpg
ふらふらと岩本町方面に歩けば、同じく名古屋趣味「世界の山ちゃん」を発見、手羽先でビールと目論んだが、何やら開店を待っているらしい若者どもがキャアキャアと五月蝿いので、同席を嫌って再び上野駅。
比較的空いていたタイ料理の店「コカレストラン」で、シンハービールとタイ風鍋で有難くなり、あとはひたすら持参して読み進めていた佐々木譲の文庫本を、カミサンは私がiPodで貸してやった佐々木譲のkindle本を読みつつ、電車を乗り継いで帰ってきた。
ようやく春らしい気温となって、小旅行を満喫した連休の一日であった。
by yokuya2006 | 2013-05-04 21:58 | 日常の雑感、覚書 | Comments(2)
Commented by rollingwest at 2013-05-06 09:46
♪つれて逃げてよ~ついておいでよ~♪ 細川たかしの歌が聞こえてきそうですね。蕎麦で締めるのも。いつもの儀式!いい旅のあとはいい喉越しで・・!
Commented by yokuya2006 at 2013-05-06 16:48
思いがけず、景観の素晴らしいお寺さんに出くわしました。
松戸駅からバスに乗って行ってみた矢切りの渡しも、新鮮な体験でしたね。