1/24 高野豆腐の夜

9時までに研究所に行こうとして、8時半に家を出れば十分とは考えが甘かった。
家の前に停めておいた車の窓ガラスが凍りついていた。そうだった、冬の北海道は暖気運転が必要なのだった、忘れておりました。

とりあえずフロンドガラスだけ、用意のスクレーパーでガシガシと霜を落として走り始めるが、ガラスの内も外もすぐに薄い氷が張り始めて視界不良。止むを得ず道路脇に停めて、ガラスが温まるのを待った。フロントの視界がひらけて、ヒーターで後ろのガラスが解けるまで、結局15分ほどロスをした。

若干遅れて事務所に到着して、受託に関する打ち合わせと、異動してきた同僚との打ち合わせ。午後は、昨日に続いて、設備の試運転立ち会い。

楽しみにしていた夜の飲み会が流れてしまったので、安ワインを買って戻り、朝からスロークッカーに仕込んであった牛すね肉のビーフシチューを息子と食べる。思いついて、正月に買ったままになっていた高野豆腐を炊いてみた。たっぷりと昆布と鰹出汁を奢って、砂糖と塩と味醂と白醤油、香り付けに鮮度の一滴を最後に加えて完成である。砂糖と味醂を効かせるのが吉である。
f0057955_21514848.jpg
うーむ少々塩が効きすぎたが、まあ上出来の部類であろう。ビーフシチューでお腹が一杯になったので、高野豆腐は就寝前の酒の肴にして、明日の朝飯のメインディッシュになる予定である。飯を頬張らねば、朝から一杯やりたくなる恐れがある。

チンゲン菜が冷蔵庫にあったな、生きていれば(息子が保有する「しかし、管理されていない」冷蔵庫では、野菜が黴を発して死んでいる事がよくある)茹でてから汁で煮つけて、添え物にしてやろう。この家に来ると、自分で献立を考えるのが楽しいのかもしれないな。
by yokuya2006 | 2013-01-24 21:56 | 仕事と出張 | Comments(2)
Commented by asang at 2013-01-26 09:45
こんにちは、ご無沙汰しております。
日本は強烈な寒波の到来だそうで、北日本は大雪だとか...
移動もたいへんな時期ですね。

昆布と鰹のだし汁で炊いた高野豆腐、羨ましいです。
私の住むインドネシアは油っこい食事が多いので、
こういうあっさりとした和食が恋しくなります。
Commented by yokuya2006 at 2013-01-26 17:03
お出汁の浸みた高野豆腐で、日本酒をキュッと、イイですねぇ。
昨日の午前中は、重たいボタボタ雪が横殴りに降り、気温はプラス1℃と暖かかったので、道路は解けてグズグズになり、大変な思いをしました。