1/12 訃報

三連休の一日目、朝からNPOの生ごみ処理機のメンテナンスに向かう。
終われば、当て所もなく市内巡行。そうだ昼飯は先日評価を棚上げした蕎麦屋に行ってみようと、戻りかけた国道14号線を再び南下する。

車体が軋むので油を刺したのが悪かったか、何かの拍子にサドルがずれた。調整の際の締め付けが甘かったらしい。こりゃ乗りにくい。立ち漕ぎで蕎麦屋に着。
f0057955_22355764.jpg
京成線の駅のすぐ横にある手打ち蕎麦。相変わらず店内の空気が違和感あるが、蕎麦は旨かった。もう少しいろいろと食べ進んでみようと思う。
立ち漕ぎのまま店を出て、国道の向こう側にある自転車店を目指す。おお、あったあった、コンパクトな六角レンチ。サドルバッグには6mm径は入っていなかったのだ。
f0057955_22423653.jpg
何度か締め付け直して、ようやく固定。ついでに愛車をフキフキお掃除して、2時過ぎに帰宅。仕事したり食べたりしたが、朝から6時間ほど外に居た事になる。太股が適度に張っていて、適度の疲れに満足して自室に戻った。

PCを開けてみて驚く。知人が事故で亡くなったとのメールが届いていた。
私が機械の営業でバタバタと忙しかった頃の、取引先の方だ。それほど親しい仲ではないが、何か戦友のような気がしていた。その後も当方のNPOを手伝ってもらったりした、明るく周囲を和ませる、過去は知らぬが苦労人なのだなと勝手に思っていた方だ。

作業中の事故であると言う。朝刊の京葉版を見てみると、これを伝える記事があった。
メールをくれたブログ友達と電話で話す。私より3つ下、奥様にも、そうだ父上にもお会いした事もある。何か気持ちが沈んでしまい、明るいうちから黙祷して酒を飲んだ。

慣れているはずの重機に挟まれた。魔が差したのだ、きっと。 魔に呼ばれるのだ。
tempted by an evil spirit と言うやつで、私にも経験がある。信号待ちしていて、ふと赤信号のまま背中を押されて発進し、クラクションで知らされ青ざめた事があったっけ。
諸行無常だなぁ、ホントに、、、 お世話になり有難うございました。さようなら、Yさん。
by yokuya2006 | 2013-01-12 23:07 | 日常の雑感、覚書 | Comments(2)
Commented by haru123fu at 2013-01-13 11:08
ご愁傷様です。悪魔の誘いはいつ来るのか予想もつきません。
yokuyaさんも充分にご注意ください。(祈)
Commented by yokuya2006 at 2013-01-13 21:37
haruさん、有難うございます。
まあ、しかし、その時はその時です。気を付ける事が出来ないのが、この類の事なのでしょう。
と思っています。勿論、出来る限りの注意をする上で、ですが、、、