11/12 薬をもらって、おからを炊いて

事務所に出られぬ事もない、しかし咳が治まらず、咳と共に微小病原体を撒き散らかして同僚に迷惑をかけるのは避けたい。週後半の出張と予算入力への備えを重視して、今日のところは病欠としたわけだ。
f0057955_20165121.jpg
昼前に行ったクリニックで、「まあ気管支炎ですね」と言われて処方箋をもらい、薬局で大量の薬を受け取る。抗炎症剤、抗生物質、胃薬、気管支を広げる貼り薬(こんなのがあるのだな)、咳を鎮めるシロップ、うがい薬、そしてまだ在庫があったけどついでに降圧剤も出してもらって、全部で2,010円。三割負担だからホントは6,700円か。
一日2回あり3回あり、一回1錠あり2錠あり、これは書いておかねば難しい。

薬を待つ間に、向かいの八百屋でミカンを買う。勧められてブロッコリーなども買ったら、「おから持って行くかい」と聞かれて「あっ、いただきます」。帰宅して、さっそくおからを炊いてみた。

具沢山にはせず、味付けも薄めにする。昔の時代劇で花山大吉がそう力説するのを聞いて以来、私のおからは薄味である。
人参を千六本にして油で炒め、おからを投入して、別鍋に作った鰹の出汁を入れて炊く。思いのほか水分を吸うので、慌てて二番出汁をグツグツと取って投入する。油揚げの細切りを加え、味醂、白出汁、醤油、白ワインで味を整えつつ水分を飛ばし、最後に小葱の小口切りを入れて完成。うーむ、随分と沢山出来てしまってどうしよう。昼飯に大量に食べたが、まだたくさん残っているぞ。味は上出来。日本酒のアテになるのに残念也。
f0057955_20305327.jpg
さあ、今日も沢山寝て、明日からは仕事を再開だ。メールに対処して、予算原案の作成まで進められれば良かろうな。
ヒマなのでネットで遊んでいて、有益と思われるいろいろな方のブログを「お気に入り」に加えた。たまには、こんな時間も良いものである。
by yokuya2006 | 2012-11-12 20:34 | 日常の雑感、覚書 | Comments(4)
Commented by umakusa at 2012-11-12 20:56 x
 バイオマスさん、こんばんは!! 体調不良のようで、大変ですね。

 少し、ゆっくりしなさいというサイン!! くれぐれも無理されぬよう。
Commented by rollingwest at 2012-11-13 06:54
体調が少しずつ戻りつつあるようでよかったですね。たまには時間を持て余して日頃やれないことに手をつけたり物事を考えたり、久しぶりに自分を見つめ直すのもいいのではないでしょうか?
Commented by yokuya2006 at 2012-11-13 07:52
umakusa先輩、鼻風邪が喉に来て気管支まで降りてしまいました。
止むなく薬剤に頼りました。体の免疫機構には、悪い事をしてしまいました。こーゆー事をしているから、免疫機構は低下するのでしょう。
Commented by yokuya2006 at 2012-11-13 07:54
rwさん、はい いろいろな事をしました。まあ本を読んだのが一番大きいですが、、、
ちょうど仕事も片付けてあり、狭間にいたのが自分でも判っていて、気が緩んだ感もあります。久々に一週間も酒が切れました。