9/3 朝の涼しさに騙される

昨日の成果、NPOの手紙3通を持って家を出る。
自転車のタイヤに、カンカンに空気を入れる。
今日の朝は、久々に気温が低く、秋の匂いのする風が吹いている。

駅前の郵便局で封筒を投函、引き落としに備えて銀行口座のメンテナンスをして、さあ会社まで自転車で疾走する。疾走を許す気温と思えた。が、事務所に到着すれば汗が止まらぬ、滴り落ちる。まだまだ全力でペタルを漕いではならぬのかと反省しつつ、汗を拭いながら朝礼を聞く羽目になった。
f0057955_21593785.jpg
昼は、市内の別な銀行に向けて、またもや自転車を駆る。朝の涼しさはどこへやら、既にしっかりと気温は30℃を超えていた。
そのうち空は俄かに黒く掻き曇り、ドロドロと遠くに雷鳴が響き、おお雲間にピカリと稲妻が映る。早々に事務所に戻れば、驟雨が追いかけてきた。

明日から一週間、事務所を空ける。出張準備、スケジュール打ち合わせ、来週のセミナー次第を部下と打ち合わせして、帰路は既にヘッドライトが必須の日の暮れである。
札幌の実家の周辺には、クマが出没しているそうだ。
by yokuya2006 | 2012-09-03 22:06 | 日常の雑感、覚書 | Comments(2)
Commented by rollingwest at 2012-09-05 06:50
安定しすぎた真夏もいやになりますが、不安定で蒸し暑い日々はもっとご勘弁・・。でも雨が降って涼しさを感じる日も増えてきました。
Commented by yokuya2006 at 2012-09-05 21:45
去年と、一昨年と、自らのブログを振り返れば、やはり同時期に「暑い」と「残暑」のと云っていました。去年の例を鑑みれば、そろそろ秋が到来するようです。