8/14 墓参りは一段落

10日 空港から研究農場に向かう途中で、局所的に猛烈な雨に叩かれる。飛行機が遅れた分だけ会議にも遅れてしまった。
終われば部下を空港まで送って行って、再び札幌のカミサンの実家を目指す。どうせ材料はない、料理する時間もないから、弁当を買って夕飯とする。

11日 午後にカミサンを迎えに空港まで、夜には上の息子も合流して、久しぶりに家族四人が集まった。いろいろバタバタのうちに日が暮れた。

12日 明日の墓参りに備えて、私の実家に移動する。昼飯は皆で「季のした」で蕎麦にして、洗濯物を取り込みに戻ったり、死んだ妹の家に行って焼香したり、買い物をして戻る。市内をあちこち、南に、東に、北に、と走り回る。
戻って少しばかり畑仕事、エンドウをお仕舞にして引っこ抜き片付けて、雑草を退治して次の作物に備える。母は、今度はここに大根を蒔くらしい。

13日 墓参りの当日、何と天気予報は雨である。朝飯前に近所の藤野聖山園を訪ね、食事して今度は平岸霊園に向かう頃、果たして雨が降り始めた。一年振りの墓所の草を取るうちにずぶ濡れになる。
この雨では畑仕事も出来ぬと、一度カミサンの実家に戻り、次に備えた。5時からは月寒のお寺に集まり、納骨堂でお経をあげてもらい、恒例の飲み会となる。飲んだ飲んだ、帰路には家族でカラオケ屋に引っ掛かり、また飲んで歌って帰宅。流石に胃が重く、二日酔い気味で目覚める羽目になった。

14日 何とか朝飯が食べられた。うって変わって快晴、気温も高い中を、叔母様宅に置いてきた車を取りにカメレオン号で小一時間のサイクリング。
f0057955_21183713.jpg
悪い汗を流すにはちょうど良い。昨夜のお礼を言い、前輪を外した自転車を車に積んで戻る。家族で再び私の実家に向けてスタートした。
昼飯は「むそう庵」で蕎麦にして、家族と別れて私は月寒中央駅から地下鉄で札幌まで。銀行口座のメンテナンスがあって、駅前から大通でしばしの作業。五番館の跡地が、すっかり無くなって、駅前の一等地が空白となっていた。
f0057955_21194059.jpg

久しぶりに駅前バスターミナルから、実家近くまでバスに乗った。バス停から30分余りを歩いて、汗を流しつつ実家に辿り着いた。
少し畑作業をするうち、妹の旦那氏が到着して、今日も無事に宴会となる。今日は抑え気味にしておこう。
by yokuya2006 | 2012-08-14 21:20 | 日常の雑感、覚書 | Comments(2)
Commented by rollingwest at 2012-08-15 18:17
お盆は不安定な天候でしたね。小生も柏崎に帰省して墓参りを終えて昨日帰京しました。また残暑がぶり返しそうな勢いですね。
東大雪(後編)とデビッドボウイを公開致しました。湿気のない北海道の夏が懐かしいです。
Commented by yokuya2006 at 2012-08-15 21:21
関東は、まだまだ暑さが続くようですね。札幌は、昼間の日差しがあるうちは夏を感じさせましたが、夕暮れと共に雨が混じって風が吹き抜け、もはや秋の装いです。