7/30 ゴーヤは成長途上

札幌の実家の庭に向かう窓、グリーンカーテンに成る筈のゴーヤが、道半ばである。
今日現在、このような生育状況だ。もう少し上に伸びて、窓を覆って欲しいのだが。
f0057955_2127873.jpg
関東で見かけるゴーヤとは違って、札幌ではこれが限界なのだろうか。水も、肥料もやっているけれど、何せ温度と日光が伴わねば旺盛な生育は望めないようである。
品種による差もある。手前はフツーのゴーヤ、奥の二鉢はグリーンカーテン用に「横に分枝が多く、ボリュームの出る」品種を選んだのだが、積算温度が少ない札幌では、ただ上に伸びるフツー品種の方が結果として良かったようだ。

ウイキによれば「根が多くの酸素を消費する・・・」とある。このコンテナでは土の量が不足であったかもしれないし、土も吟味すべきだったかもしれない。畑の土をそのままコンテナに入れてしまったので、土が締まっていて空気の通りは決して良くなさそうである。
f0057955_21272162.jpg
そして、実が成り始めている。かなりの数の、まだ小さなミニゴーヤがあちらこちらにぶら下がっている。勿論ゴーヤも食べたいのだが、第一義にはグリーンカーテンである。実を落としたほうが、葉の繁りは進むのだろうか。
f0057955_21274477.jpg
ネットの上に誘導しているのだが、空中に漂い出た分枝が網戸を掴んでしまっている。こんな細かな網目にもツルが侵入して驚かされる。

既に夏本番でこの程度の生育では、今年も成功したとは言い難いようだ。今年の反省点を生かして、来年こそは「7月末に窓を半分以上覆い隠している」事を目標としたい。

午後から研究所で打ち合わせ、懸案数件の方向を決めた。これをもとに、戻って社内コンセンサスを得るべく仕事を急がねばならない。
by yokuya2006 | 2012-07-30 21:51 | 仕事と出張 | Comments(3)
Commented by 角之倉 隆 at 2012-07-31 11:02 x
植物の命に公平に愛情を注がれていらっしゃる事が素晴らしい事に感じられます。
Commented by 角之倉 at 2012-07-31 11:03 x
変な文章しか書けませんでした。
Commented by yokuya2006 at 2012-07-31 14:46
角之倉様 いつも有難うございます。植物が生育しやすい環境を整え、あとは植物に頑張ってもらうのが農業です。この「整える」に百の知恵が必要なのも農業です。難しいけれど、面白いですね。