7/1 ゴーヤのその後

30日 NPOの作業は会長にお願いして、昼前には千歳に降りた。
レンタカーは、この時期だと云うのになかなかの盛況。まあ土曜日だからな。
店のお兄さんに「繁盛ですねぇ」と言えば、「はい、薄利多売です」とのこと。まあ実際そうなのだろうと思う。
f0057955_205628100.jpg
一路、実家を目指す。1時を過ぎたが、母と蕎麦を食べに行き、そのままお買い物。その後は着替えて、ひたすら畑の雑草退治。札幌は昨日ほどではないとは言いながら暑い。気温の高い日が続いたようだ。人はバテるが、作物はここぞと伸びる。
雨が少なく、畑の表土は乾いている。広いところは草削りで掻いておけば、雑草は乾いてしまうが、株間はやはり手作業になる。とにかくスギナを目の敵にして抜きまくった。

1日 午前中まで草取りの続き。雑草畑からモロヘイヤと人参を救い出して、その他の区画も大方対処を終えた。ピーマン、トマト、茄子、豌豆を支えて、散水してからアミノ酸液肥をやって、とりあえずの作業終了。ブログによれば半月前に作業したゴーヤの持ち上げコンテナからは、この数日の気温で伸びたのだろう、ゴーヤがグリーンカーテンに向けて進撃を開始している。
f0057955_21152161.jpg
果たして直射日光を遮るべき時期に間に合うか。関東とは違って、北海道でのグリーンカーテンは、なかなか辛いものがあるな。もう少し密度が必要だったのかもしれない。

朝飯は取れたてのさや豌豆の味噌汁、昼飯のサラダには取れたての各種レタス。味が違うのである。こんな贅沢は、畑が無ければ体験できない幸せである。

昼飯の後は、興が乗って花壇に追加する花まで買ってきて植えてしまった。園芸三昧の楽しい二日間を体験して、明日への準備のためにカミサンの実家まで戻ってきた。
息子は遅くなると云うので、一人で夕飯を作り、酒を飲んで寝てしまうのである。
息子とは、明日の朝には会えるらしい。
by yokuya2006 | 2012-07-01 21:24 | 日常の雑感、覚書 | Comments(4)
Commented by rollingwest at 2012-07-02 07:06
原発稼働反対の運動が強まり、今年は北海道や西日本の電力会社が計画停電にならざるを得ないような情勢ですから、ゴーヤがグリーンカーテンは全国的な売れ行きになりそうな勢いですね。
Commented by yokuya2006 at 2012-07-02 08:29
花の苗を覗いた園芸店では、まだゴーヤが売っていました。
お店も、今年は沢山のゴーヤを用意しているようですね。札幌では、これからどれだけ気温が上がるかで、彼らの伸びも違ってくることでしょう。
Commented by tokyosurface at 2012-07-02 10:50
うちは台風の風で葉っぱが壊滅して、また伸びてきたところです。
あさがお第一号が咲きました^^
Commented by yokuya2006 at 2012-07-02 22:15
大風による植物への影響が心配ですね。
植物が回復する時間があれば良いのですが、北国では時間が限られています。
もたらされる天候環境の元で、植物には精一杯に頑張ってもらいたいですし、そのための施肥、水やり、或いは環境管理は関わる人間の出来る範囲でアシストしたいところです。