6/22 大雨に裏切られる

朝は激しい雨音で目が覚めた。
雨が風に巻かれてパシャパシャと路面を叩いている。団地内の道路は、降雨量に対して排水性能が追い付かず、大きな水溜りと化していた。
これはイカン、この仕事が好きな私が会社に行きたくないほどの降り様だ。カミサンを拝んで、ポルテ号で送ってもらった。

ところが、家を出る直前に雨がやんだ。会社に着くまで雨は降らなかった。昼には小雨が風に舞っていたようだったが、夕方にはとうとう道路が乾いてしまった。しかも涼しい。
これは、自転車で来れたかなとまで思う。悔しいのである。
f0057955_18201385.jpg
夕方には青空さえ見え始めた。とうとう持って出た傘を開かず、カミサンの誕生日ケーキと夕食場所を予約して、帰宅した。
by yokuya2006 | 2012-06-22 18:24 | 日常の雑感、覚書 | Comments(4)
Commented by urasimaru at 2012-06-23 10:32
今年の天気は、変ですねえ。
遅ればせかなとおもいつつ、奥様お誕生日おめでとうございます。
Commented by rollingwest at 2012-06-23 21:44
22日の雨は思ったより早く上がってしまい小生も意外でした。小生も今日は快晴ピーカンを期待して出掛けようと準備していましたが曇りで裏切られて家でゆっくり過ごしておりました。
Commented by yokuya2006 at 2012-06-24 09:49
urasimaru様 自転車乗りを一日逃してしまいました。
奥様の誕生日は、もうすぐです。
Commented by yokuya2006 at 2012-06-24 09:52
rollingwest様 ですよね。以外にも雨は関東には長居しませんでしたね。土曜日は曇りでも自転車にはちょうど良い気温でした。