5/28 長野から上越

長野から上信越道で上越に抜ける。妙高高原に差しかかる頃、雨が降ってきた。
f0057955_9551617.jpg
直江津辺りの転換畑で大豆の種蒔き。雨は強まり、風も出て、雷まで鳴る最悪のコンディションだった。短靴を泥だらけにして、ズボンにも泥が跳ねる。確かに粘土質の、如何にも水捌けの悪そうな土質だ。小雨に変わったので、逆向き耕運の高畝立同時播種機をしばし見る。
f0057955_1185595.jpg
長野市内に戻って遅めの昼食をとる。

昨日はいろいろ楽しいセット物を注文したせいで、蕎麦の味が良く分からなかったのが気になっていたので、もう一度「かんだた」を訪ねてみた。

頼めば山葵も出してもらえた。普通の蕎麦と更科の蕎麦の相盛りを頼んだ。平日は大盛りは無料なのだそうで、800円也。

汁は十分に熟れた丁寧な造り、上手いが私にはもう少し尖っているのが良い。蕎麦は江戸蕎麦に比べればやや太めか。近くにあれば通いたい水準の店である。

それにしても長野市内には蕎麦屋が多い。手打ちの看板を呆れるほど見た。十割も、九一と云うのもあった。こんな密度はそうあるものではない。時間があれば、蕎麦屋巡りをしてみたい。

長野新幹線で戻り、最寄り駅でちょうど定時となったから直帰させてもらう。NPOの仕事が追いかけてきて、夜7時から機械のメンテに立ち会った。モーターの正転・逆転回路のマグネットスイッチの経年劣化であった。電気屋さんの電流計によれば、黒線の逆転の接点不良とのこと。部品代と取り付け工事の見積もりを出してもらうことにした。
by yokuya2006 | 2012-05-28 22:47 | 仕事と出張 | Comments(0)