4/15 マンガで、星を継ぐもの

f0057955_20494135.jpg先日ラーメン屋でマンガ誌を開いたら、何と!ホーガンの出世作「星を継ぐもの」がマンガになっている。

しかも星野之宣。うーむ、これは知らぬうちに凄いことになっていたのだな。

題名こそは第一巻のものだが、既にガニメアンが、ジェヴレン人が登場していて、何やら展開は早いようだ。急いでネットで既刊を取り寄せたわけなのだ。

ハントとダンチェッカー、融通のきく英国物理学者と頑固な米国生物学者は、お国柄は反対だろうと思うのだが、この二人の掛け合いが実は物語を大きく進展させていくのだ。

雑誌連載では、もはやヴィザーの介入を受けてシャピアロン号は通常空間に浮上しようとしていた。このままでは、この題名のまま一気にGiants’ Starまで進みそうだな。楽しみにしておこう。

そうそう、久し振りにテレビを見ていたら、ジョン・カーターなる映画が公開とか。
ン?!、 ジョン・カーターだと! バローズの火星シリーズの主人公ではないか! とネットで調べたら、ディズニー映画だった。

f0057955_21343139.jpgトレイラーを見れば、比較的 原作に忠実なようで安心しながら、バルスームの赤色人の王国ヘリウムにおわす絶世の美女デジャーソリス(ちなみに卵生の生物)を、何方が演じるのかが心配である。

何せ、私を含めて我が国の火星シリーズの読者と云えば、武部 本一郎画伯のデジャーソリスのカバー絵(⇒右)が頭に染み付いている。
どうか、あまり筋肉質でやんちゃなお姫様にならないように祈りたい。
それにしても世の中、なかなかSFになってきた。
by yokuya2006 | 2012-04-15 21:20 | 趣味の読書 | Comments(2)
Commented by kou at 2012-04-19 08:49 x
お久しぶりです(~_~;)
先だって久しぶりの映画館
遅い時間とあって見れるのがこの『ジョン・カーター』『バトルシップ』の2本くらいでしたのでまずはバトルの方を見てきました。
ディズニー『ジョン・カーター』はお余り評判が良くないみたいで大コケするんじゃないかってもっぱらの世評【週刊誌の見出しで読んだ】残念です。SFファンとしては世評に関係なく見に行かないとなんて思ってます。
Commented by yokuya2006 at 2012-04-19 23:55
火星シリーズ、SFと云うよりはターザンやコナン(少年探偵ではない)の流れで出てきたストーリーでした。でも設定がSFなんですよね。火星だし。
あの、わくわく感が伝わる映画になっているでしょうか。楽しみだし、心配でもあります。