3/19 慌ただしい一日も、生きている者の務めなり

朝の8時に、近所の葬儀場の告別式に香典を届ける。同じ町内会で、元市議会議員の方が亡くなられたのだ。我がNPOにも良くして下さって、有難かった。予定の詰まったサラリーマンなので、告別式には列席できず御免なさい。失礼して事務所に向かう。

事務所でプロジェクターを借りて、千葉駅から新橋。親会社の技術者氏と待ち合わせて、取引先を訪ねて機能性素材のプレゼンと意見交換をする。終われば千葉まで戻って、昼飯を食べて、午後から事務所で一心不乱に仕事をする。

明日の休日を会議に充てるのは勘弁してほしかったが仕方がない。会議資料をまとめてメール配信する。急がれている新製品の上市に向けて、各所に連絡しているうちに定時を過ぎる。明後日の日帰り出張の準備をして、今日のところは退社する。

明日は上の息子の誕生日。近所のホテルに頼んであったケーキを受け取って帰宅した。
たまたま就活で帰省している下の息子も札幌への帰宅を延ばしてくれたので、家族四人で明日の朝は誕生日ケーキを食べて祝おう。25歳か、君が生まれて育って、もうこれだけ時間が過ぎたのだ。
図体は私と同様に大きくなり、とりあえず素直な若者に育ってくれたことが有難い。
by yokuya2006 | 2012-03-19 22:28 | 日常の雑感、覚書 | Comments(2)
Commented by ryuji_s1 at 2012-03-20 13:22 x
息子さんのお誕生日おめでとうございます。
Commented by yokuya2006 at 2012-03-20 21:56
あら、有難うございます。今夜はイタリア料理でした。