3/7 お土産沢山、新潟から戻る

昼で仕事が終わって長岡駅。先週にお世話になった浦河の方々に、そうだ新潟の酒でも贈ろうと駅ビルの酒屋で品定め。四合瓶三本のセットを二つ作ったところで、住所を問い合わせれば、何とお酒を飲まぬ方がいたのだ。

仕方がない、その方には、では季節の寒ブリの漬け魚などにして、余った一セットは問い合わせた営業所長に送ってやろう。同僚に送るには、ちと高価だが、まあいいか。彼にも世話になっているのだ。自分用には一升瓶を買った。
f0057955_2133320.jpg
夕方に自宅に戻る。会社事務所に直帰すれば、小一時間は仕事ができたわけなのだが、今日のところは直帰させていただいて、念願の床屋で髪を切る。

土産を並べてみれば、魚沼の清酒「緑川」、村上の鮭の酒びたし、鮭皮煎餅、鮭とば、岩船麩、駅弁二種など盛り沢山だ。今回は土産の多い出張だった。
夕食にこれらを肴にカミサンと一杯やって、幸せのうちに就寝(予定)である。
by yokuya2006 | 2012-03-07 21:39 | 仕事と出張 | Comments(0)