3/2 馬で始まり蕎麦で終わった一日

朝早くから、取引先の事務所で機能性素材の説明と意見交換。
私も知っているつもりだったけれど、改めて聞いてみて、とても勉強になりました。
司会進行役だったので緊張の中ではあったが、知的好奇心が満足して楽しい時間だった。
f0057955_2039199.jpg
その後は移動して、お客様にご協力をいただいて、リーフレット用の写真の撮影。持ち込んだロール芝を敷いて、合流したプロカメラマンがバシャバシャと撮りまくる。落ち着いた馬で助かりました。

続いて雪原を走る若駒の群れを撮りに行く。群れをなして駆ける若馬達の躍動感。よい写真が撮れただろうか。撮影の後でのんびりとしていたら、彼らも興味シンシンで集まってきた。
同じ新馬なのだが、よく見れば体の大きさも体色も、たてがみも、顔の模様も顔つきも、足の色も、様々なのだね。牧場の社長さんのお話では、気性も違うんだって。
f0057955_20393565.jpg
3時に浦河をスタートして帰路につく。先日のクレーム処理が電話で追いかけてきて、明日も研究所に出なければならなくなった。
実家に泊る事にして札幌まで戻って7時。息子を誘って太い手打ちの田舎蕎麦を食べに行った。
息子は風邪気味、今晩は酒を付き合ってもらえぬようだ。
by yokuya2006 | 2012-03-02 20:50 | 仕事と出張 | Comments(7)
Commented by urasimaru at 2012-03-02 22:06
きゃあ馬だ馬だ♪
Commented by haru123fu at 2012-03-03 07:22
サラブレッドは、スタイルの綺麗な上品な馬ですよね。
その点ドサンコはどう表現したらよいのか?
力強い・ドッシリ??もっと良い褒め言葉ないかな!(#^.^#)
Commented by yokuya2006 at 2012-03-03 16:58
はい、馬です、馬!
軽種馬は美しい生き物です。速く走るための生き物ってな感じです。
戦時中まで活躍した道産子は、質実剛健でどうでしょうかね。
私が子供のころは、もう既に農耕馬はペルシュロンとかベルジャンなどの重種馬と和種の混血が多くなっていたようです。
小学校の冬の通学には、よく通りかかった農家さんの馬橇に乗せてもらったものです。
Commented by 角之倉 隆 at 2012-03-03 17:37 x
大きいのに可愛いです。
Commented by yokuya2006 at 2012-03-03 20:24
人懐っこい奴らです。
Commented by rollingwest at 2012-03-04 17:47
お~!日高のサラブレットだ!一昨年の夏に新冠を通り日高三石に宿泊して日高山脈に登った時にサラブレッドたちを久しぶりに見ました。
30数年前にはハイセイコーに触り、テンポイントの墓をお参りに行ったことがいい思い出です。それにしても雪の光景に名馬の卵たち、実に素晴らしい絵画のような光景ですね。
Commented by yokuya2006 at 2012-03-05 22:16
RWさん、お馬さんがお好きですね。