2/11 私用での札幌滞在

10日 新札幌まで行ってレンタカーを借りる。
幹線道路は融けていて走り易いワイと安心していたら、真駒内辺りから舞う雪が多くなってきて、道路もうっすら白くなり、石山辺りからは圧雪路面になってしまった。

母のいる実家に着いて、とりあえず元気そうであるので何よりでした。
本調子ではないと言いながら、母には今日はいろいろ用事のある日で、では運転手として一日付き合いましょう。先ずはこの住宅地を降りたところの内科の病院で受診して薬をもらうという。一時間ほど車の中で北海道新聞を読みながら待つ。雪がますます強まってきた。&冷えてきた。

次いで、毎週金曜日のお琴にお稽古に市内中央まで。藻岩山を回ったところで道路に雪が無くなって、スムースに大通りに到着。何やら賑やかで、そうか雪まつりなのだった。
教室のあるビルの前で母を下ろして、私は昼飯に蕎麦屋を探す。道立近代美術館の裏に手打ち蕎麦があると聞いていて、さて見つけたのだが営業していなかった。定休日なのか。
f0057955_1022582.jpg
そう言えば東橋の近くにも、と思い出して行ってみた。製粉業者が開いたこだわりの蕎麦屋だそうで、悪い予感が案の定。もちろん水準以上の蕎麦だが、太くて締まった蕎麦を主張する麺で、汁は薄い。この汁なのに「蕎麦に少し付けて食え」だの「汁を蕎麦湯で割って、蕎麦をたっぷり浸して食え」だの書いてあるのが信じられない。

さて、教室の終わった母を拾って、今度はお買い物、続いて郵便局でいろいろと。実家に戻れば4時を過ぎたので、挨拶もそこそこにレンタカーを返しに新札幌に戻った。レンタカー代6,500円の親孝行だった。そうそう、朝にはゴミまで出したのだ。

夕方からますます冷え込んできた。西の里の家に戻り、明日から家を空けるので冷蔵庫の中身の整理を念頭に晩飯の支度を考えていたら、飯を食って帰るはずの息子から帰るメールが届く。急遽予定変更して、パスタに海老やら野菜をいろいろ乗せてトマトソース+チーズ焼き、生揚げで汁もの代わりの煮ものなどを作って一緒に酒を飲む。

11日 朝飯はコーヒーを淹れて、パンに焼肉とレタスを挟んで、トマトを食べて、これで冷蔵庫内の生鮮食品の始末がついた。掃除機をかけて、洗い物をして、息子と一緒に家を出て千葉に向かう。
息子は、教授の不在の一週間を千葉で過ごすそうである。
by yokuya2006 | 2012-02-11 10:27 | 仕事と出張 | Comments(2)
Commented by smallcreature at 2012-02-12 13:57
両親が北海道旅行から帰ってきました。写真を見たら駅で雪かきしてる人とかも撮ってました。^^;
Commented by yokuya2006 at 2012-02-12 14:24
千葉に帰ったら、雪がなくって何か拍子抜け。
防備せねば凍死するなと悟らせるほど厳しい気温が、懐かしいです。