12/9 柳家紫文師匠

寒い日の朝の9時からお客様。真面目でヤル気ある若き営業マン氏なので、こちらも精一杯サービスして話をしているうちに、こちらが重大なヒントをもらったりするのだから、人生は面白い。
放課後の忘年会に気を取られながら、3時からは急なお客様が来て打ち合わせ。うーん、当方としても協力はしたいが、社内交通整理がなかなか大変そうである。

定時を過ぎれば、すぐさま忘年会会場に先発した。しかし、後発の、参加者を乗せたバスも思いのほか早く着いて、予定より15分ほど早く宴会は始まった。幹事長の私が挨拶し、会長に後を譲り、社長挨拶で乾杯となったが、時間配分に気を使ってこれは飲んでいる場合でない。

10分早めて登場していただいた今日のイベント、身分不相応にも、贅沢にも、柳家紫文師匠をお呼びしたのだ。薄ギャラながら快く来ていただいた師匠に感謝である。

いやあ、流石に素晴らしかった、生「紫文」。客との距離が近い料亭ならではで、彦六師匠や談志師匠の話から入って、数々の都々逸と、紫文師匠の十八番「鬼平半可通」シリーズまで、すっかり酔っ払い共を注目させ、引き込んだのは、まさに師匠の芸である。堪能させてもらいました。
f0057955_21342064.jpg
ビンゴゲームの景品にお願いした師匠の本を、二冊ばかり余計にいただいて、一冊は社長に、もう一冊は幹事長の職権乱用で私がいただいてきた。忘年会は最後までお酒をほとんど飲めずに帰宅したから、帰ってから家族と飲み直しになって、日付が変わって就寝。
by yokuya2006 | 2011-12-10 21:47 | 日常の雑感、覚書 | Comments(4)
Commented by rollingwest at 2011-12-11 18:16
落語イベント付きの忘年会ですか!?何とも豪華で手が込んだ楽しい企画ですね~!
Commented by yokuya2006 at 2011-12-11 18:34
柳家紫文師匠は音曲師、落語協会に所属しておられますが落語家ではありません。三味線を引いて、都々逸その他いろいろなさる方です。
皆で大ウケの、楽しい時間でした。
Commented by 紫文 at 2011-12-28 05:53 x
柳家紫文です。見つけてしまいました。先日はありがとうございました。喜んでいただけたようで嬉しいです!なにかありましたら。またお声賭ください。皆々様にもよろしくおつたえください!
Commented by yokuya2006 at 2011-12-28 07:54
見つかってしまいました。いらっしゃいませ。
その後、酔っ払い共の輪にも入って下さり、皆で良い思い出になりました。
今後とも、師匠のお力で世の中を明るく楽しくして下さい。