11/20 戻れば雷雨の千葉

昨夜の飲み過ぎで、朝の8時過ぎに起床。息子はちゃんと朝飯の用意をしていて、吾輩を起こしてくれる。有難いのである。息子作の豚汁も、今日の朝でとうとう無くなった。

濁る頭で身辺整理をしながら、昼過ぎには家を出る。
息子よ、千歳の蕎麦屋に行かないかと誘えば、ついてきてくれた。何か今回の出張は、息子の大切な数学勉強の機会をことごとく失わせている、悪い父親である。

千歳駅の裏側にある蕎麦の名店「梅の家」は、太切りの蕎麦ならではの、しっかりと蕎麦の味を楽しませて、つゆは「生かえし」の柔らかさ。安くて旨い大衆向けの運営ながら、味もなかなかだ。
f0057955_20125043.jpg
千歳空港で乗った飛行機は、機長の機内アナウンスによれば「私の最後のフライト」であるそうな。
定年なのであろうか、お疲れさまでした。高度を下げて雲に突っ込んだ時には、久々に大きく揺れて、ご本人も良い?記念になった事でしょう。

空港バスで千葉に戻れば、幕張あたりで突然の雷雨と土砂降りで、カミサンに車で迎えに来てもらう。さあ、明日から積もり積もった懸案に果敢に取り組んでゆこう。まずは出張報告である。
by yokuya2006 | 2011-11-20 20:19 | 仕事と出張 | Comments(0)