10/18 気分転換いろいろあれど

じっくりと音楽を聞く環境を失って久しい。
PC に繋いで両脇の、目の前にあるタイムドメインスピーカーには満足しているが、階下の住人や、ましてや家族の迷惑にならぬ音量で聞かざるを得ない団地住まいである。

本は読んでいる。
しかし読書は没入せねばならぬ。まだ陽も高いうちから、家に居て本を読もうとは思わない。

テレビは見ない。ではDVDで映画でも見ようか、画像と音の奔流に感覚を任せるのも時には悪くは無いのだが、読書よりも音楽よりも、目と耳を奪う動画は危険な情報入力装置であると知っている。
我が魂を健全に保つには、あまり動画系は見ぬ事だ。

で、やはり外気の中に自転車で漕ぎ出すのが宜しい。
体が目覚める。五感で情報を取り込みながら、自らの感覚がリセットされる思いだ。
いいなあ自転車。周囲の騒音も風切る音も、空気の匂いも、めまぐるしく変わる景色も、体に伝わる振動も、全部が私のものだ。

千葉銀行でNPOの振込と記帳、蘇我のアリオで自転車屋を冷やかし、国道をまたぐ歩道橋で携帯で仕事、白旗の蕎麦屋は休みで、道に迷うのも楽しみながら「れん月」で新蕎麦。
f0057955_21475851.jpg
市内を縦断して千葉公園と靖国神社、千葉大前のコンビニで飲み物とつまみと宇宙兄弟の新刊をゲットして、近所の公園のベンチで読みふけりながら一休み、続いて海に向かって海岸段丘を降り、
f0057955_2148328.jpg
ようやく工事が始まった歩道橋を楽しみに、コンビニでジョジョのクジを引けどもディオ様は当たらず、海辺で沈む夕陽を見ながら携帯で打ち合わせ、今夜の夕食の材料とビールと酒を買って帰宅した。

焼いた秋刀魚の炊き込み飯の米を研ぎ、茶エノキと牡蠣の味噌汁をこしらえる。出汁で炊いたヒラタケは、帰ってきたカミサンに片栗粉を加えてもらい、温めた寄せ豆腐のあんかけにする。私は片栗粉の使い方が下手くそなのだ。
酒が旨い。休日の締めくくりとしては満足な、秋の有給休暇の一日であった。
by yokuya2006 | 2011-10-18 21:41 | 自転車 | Comments(0)