10/17 耐えて愚直にこなすべし

16日 うーむ暖かい、いや暑いと言っても良い。もう仕舞い込んだつもりでいたサンダルを引っ張り出して、ジーパンにTシャツで自転車を漕ぐ。昼蕎麦にして、市内を思いつくままに走り回って、そうだ千葉競輪がある日なのだと思いついて、初めて競輪場に入ってみた。入場料は100円。なるほど競輪とはこうしたものか。
スパートしてからのスピードは物凄い。人間が走るレースだから駆け引きもあるのだろう、競馬とは違って最後の最後まで勝負が判らない。
f0057955_22355625.jpg
2レースを見たが、車券は買わなかった。買い方がよく判らない。サイドって何だろう。
客層は様々なのだが、圧倒的に多いのは爺様達。この世界も余り余命は長くはないな。競馬よりもっと衰退が早いのではないかしら。
f0057955_22363983.jpg
再び市内を自転車で探索した。千葉の住宅地には、ヒョイととんでもない坂が現れるのが面白い。

一旦戻ってカミサンと蕎麦屋で夕食、酒を楽しみ、早めに自宅に戻って、テレビでダイハード2を観る。絶対に死なない主人公は、安心して見ていられると言うものだ。

17日 明日のつもりの発表がなくなる。どうも指示がピンと来なくて戸惑う。取引先への訪問がダメになり迷惑をかける。荷物の送りに時間ばかり取られる。今日はやる事なす事、不本意である。
まあ、こんな日もあるさ。出来る事をやるしかない。9月の異常な出張ラッシュで、仕事に追い掛けられて準備不足でこのザマなのだ。この状況に耐えて、ただ愚直に仕事をこなすべし。
ぽっかり空いた明日は有給休暇を取得した。

f0057955_22531024.jpgそう言えば、めったに買わない宝くじを新宿で酔っぱらって買ったのを忘れていた。

ズボンのポケットに入ったままだ。口蹄疫復興宝くじ、業界人だから買いました。
一等3,000万円+前後賞1,000万円で、続けて当たれば5,000万円。当たったら寄付しなければならないような気がしてしまう。
by yokuya2006 | 2011-10-17 22:39 | 日常の雑感、覚書 | Comments(2)
Commented by 角之倉 隆 at 2011-10-18 13:10 x
競輪ファンの平均年齢は毎年1歳づつ上がっているそうです。理不尽な事がいくらでもある世界です。選手側にではなく開催者側に問題があるように考えます。民間の興行でしたらとっくに廃止しているはずです。とにかく偉い方が多いのです。
Commented by yokuya2006 at 2011-10-18 20:31
良く言えば昭和の匂いがしますが、このままではヤバイですね。
レストラン街と云うのが、ラーメンとカレーと饂飩・蕎麦で、これもウケました。
10年後には、もう無かろうと思います。マニアック過ぎます。中の人は判らないのだろうなぁ。