10/15 慰安旅行は日帰りだ

朝から風が強い。風に弱い京葉線、電車は20分遅れで、しかもそのうちに運休してしまった。
9時出発のバスが会社で待っている。慰安旅行のスタートは大いに危ぶまれた。
まあ、しかし何とかなって、東京からの添乗員さんも間にあって、予定通りの出発はめでたい。
f0057955_21525025.jpg
東京江戸博物館、確か二度目の訪問の筈だ。こんな機会でもなければ来る事は無い、との声しきり也。精巧なジオラマなどは見ていて楽しい。しかし、今の時代の「目で見る展示」の配慮に乏しく、実に地味な印象だ。まあ、これはこれで良いのかも知れない。

昼飯は新宿まで足を伸ばして、地上51階のレストランで洋食とピール・ワインの飲み放題。うまい具合に雲が晴れた都心の眺望も料金のうちである。
f0057955_2154597.jpg
午後からは新宿ルミネで吉本興業の漫才やら落語やら新喜劇やら。
バスの中では朝からビールを飲んで、帰りはすっかり飲み疲れて寝てきた。
明日こそは、ゆっくり休ませてもらいたいものだ。
by yokuya2006 | 2011-10-15 22:03 | 日常の雑感、覚書 | Comments(2)
Commented by rollingwest at 2011-10-16 07:05
お疲れさまでした。今のご時世で職場慰安旅行とは珍しいですね。やはりどこかで自分だけの時間をゆっくり与えてくれることも大いなる安息・慰安ですね。(笑)
Commented by yokuya2006 at 2011-10-17 22:41
アットホームな会社の伝統なのです。
しかし、一泊の旅行にすると参加率が激減するので、日帰りなのです。
確かに自分だけの時間が欲しい、今日この頃であります。