7/28 蒸し暑い関東に戻ってきた

27日は、仕事で北海道の地方競馬場に行ってきた。
外からでは分からなかったが、入場してみれば整備された広大な空間に驚かされた。

レースは逐一大型のディスプレイに写されて、投票の状況、締め切り、倍率と着順と払い戻し金額などもスピーディに表示される。馬券はマークシート方式で機械で受け付け、払い戻しも機械で素早くなされる。ここまで電子化されているのね。出走馬はパドックでお披露目があり、こんなことまで良く知っているものだと思うほど詳しい解説が付く。
f0057955_2152215.jpg

レースによって走る距離が1200m、1800mなどと変わることを知った。疾走する馬群のあの速度、地面を揺るがす振動、走り終えた馬体が汗で光り、体から立ち上る湯気。間近で見れば、なかなかの迫力であったことである。
f0057955_21531424.jpg
初めて馬券なるものを買ってみたが、ビギナーズラックは訪れなかった。3レースだったかで単勝で100円が380円になったのと、最後の当社製品の冠レースで馬連で200円が280円になっただけ。あとはことごとく外れて、うーむこれはなかなか難しいものだ。

最後の馬券は勝ったけれどレース名が印刷されているので記念に換金せずに持ち帰ったから、総額2,000円ほどを道営競馬に貢いで来たことになる。
終わって戻って、何と札幌で飲み会になったから、帰宅は深夜一時を過ぎた。

28日 昨夜は素面で乗って帰った車を会社に置きに行き、今回の私の札幌出張は終わるのだ。
札幌は昨日に次いで今日も暑い。風は爽やかだが、歩いていても汗が流れる気温である。新千歳空港から羽田空港、お台場の取引先を訪ねてから5時過ぎに事務所に帰還した。関東は、期待?したほど気温は高くないので助かるが、湿度の高さは如何ともし難い。

溜まったメールにウンザリしつつも、明日の優先順位をメモして早々に事務所を引き揚げてきた。
長い間を留守にした後の仕事のラッシュは、何度体験しても良いものではない。強迫観念の強い私にとって、精神の安定を保つためには、まず難易度を加味しつつ仕事の山を低くする事に専念するのみである。
by yokuya2006 | 2011-07-28 22:07 | 仕事と出張 | Comments(5)
Commented by urasimaru at 2011-07-28 22:41
おお、冠レースのスポンサー様ですかw

なんだか梅雨に逆戻りしたような天気ですね。(・・;)
Commented by yokuya2006 at 2011-07-29 08:00
賞品を提供しただけです。
競馬もなかなか面白いものだと知りました。
ハイテク設備に、広大な施設、疾走する馬の迫力と美しさ。
野外でジンギスカンが食べられる場所などもあるのです、さすが北海道。
Commented by urasimaru at 2011-07-29 11:43
一日遊んでいられますよね。^^
ジンギスカンはすごいですね。
Commented by yokuya2006 at 2011-07-29 20:34
なるほど、一日遊んでいられます。
車でなければ、ジンギスカンでビールをやりながらが良さそうです。
つい賭け金が大きくなって、痛い眼を見るか、はたまた幸運の至福に酔うか、日頃の行い次第でしょう。
馬と騎手と馬主さんとの距離が近いのが、好きな方には堪らないみたいですね。
Commented by rollingwest at 2011-07-30 09:18
おお!競馬場に行かれたんですね!今は新馬戦ですね。来週から日高山脈に登りに行くので、その時にまた牧場で未来を夢見るサラブレットたちに会いに行けるのが楽しみです。

PS;デレク&ドミノス「いとしのレイラ」公開しました。1960年後半から70年あたりのクラプトンが一番好きです。