7/4 落花生の育ち具合

千葉の名産「落花生」で試験をしている。頼んでいる市内の農家で、実はNPOの副会長で、友人でもある人から、そろそろ花が咲き始めたとの連絡を受けて、今日は朝イチで畑に向かった。
暑く風の強い朝だったので車ででかけたが、なに自転車を走らせても良かったなと反省した。
f0057955_21491943.jpg
栽培している落花生は、千葉県の育成品種の「おおまさり」ジャンボ落花生の愛称がある、とにかくでかい実がなる品種である。確かに、一株に一つ、二つと黄色い花が咲いている。この後で、針が地面に降りて行って実を付けるのだから、変わった作物である。

一度 自宅に戻り、自転車で通勤した。昼近くになれば、強い風は涼しく心地よいが、やはり陽射しが強く暑い。自転車を走らせているうちは良いのだが、交差点で止まれば汗が湧いてくる。
昼前に事務所について、遅れた分を取り返さんと頑張る。

住んでいる団地では、電柱の取り替え作業。
先の震災で傾いた電柱の横に、新しく電柱を立てて、電線を張り直している。暑いのにご苦労様。
傾いた電柱の角度を修正するよりは、確かに新しく建て直して電線を張り直した方が間違いないのでしょうね。
f0057955_223499.jpg
f0057955_2231571.jpg
定時を過ぎて一時間も仕事をしていると、自宅に着く頃は黄昏の時分だ。そうか、陽が短くなってきたのだ。そろそろ自転車のライトを装着すべき季節なのだと、思い至った。
by yokuya2006 | 2011-07-04 22:03 | 日常の雑感、覚書 | Comments(2)
Commented by urasimaru at 2011-07-08 11:20
ほほう、落花生ってそういう感じなんですねー。なんで実が地下にもぐることになっちゃったんでしょうねー。不思議。
電気工事の人たち、たいへんだー。
Commented by yokuya2006 at 2011-07-08 22:59
落花生の成長は、これから追いかけます。写真でもご紹介しますよ。
関電工の方々、あちこちでとても忙しそうです。