6/14 雨の降らぬうち

f0057955_17163259.jpg朝、雨はあがったらしい。外に出れば霧雨の名残のような雰囲気を、自転車で疾走して出社する。

今月のスケジュールを、関係者と打ち合わせてFIXする。
バタバタのうちに昼になる。

カミサン作のお握り弁当を食し、まだ30分残る昼休みを自転車でポートタワー周辺まで出掛ける。

午後は、情報誌のイントラへのアップなどで時間がかかる。夕方は雨の予報であったから、雨が降らぬうちにと自転車を飛ばして帰宅する。まだ開いている近所の馴染みの酒屋でビールを買う。

自転車を置いて出たカミサンを迎えに行く。一緒の夕飯で語らいつつビールと酒を飲み有難くなる。
ブログを書く。これから風呂に入り、本を読むなどして就寝する。
おお何と優雅なサラリーマン的日常。勤勉なる日々の繰り返しが大切である。
by yokuya2006 | 2011-06-14 20:12 | 自転車 | Comments(2)
Commented by rollingwest at 2011-06-16 06:31
日々、リズムある生活、そして安全・健康で平凡な毎日、これがあってこそ素晴らしき人生だよ思うようになりました。
Commented by yokuya2006 at 2011-06-18 15:02
いつもの日が坦々と、そして淡々と過ぎる事に価値がある。歳をとるとその有難さが判るようになりました。まあ、無理をして刺激を求めても、体がついて行きませんし。出不精の私には、これだけ仕事で出張や移動があれば、もう十分であります。