5/15 混乱こそ我が墓碑銘

予言者が書いた壁、継ぎ目では割れています。
死の器具で、日光は明るくかすかに光ります。

すべての人がばらばらにされるとき、悪夢と夢をもって。
だれも月桂冠を置かないでしょうか?
沈黙が悲鳴をおぼれさせるので。

運命の鉄のゲートの間で、時間の種子はまかれました。
そして、それらの行為で、水を飲みました。
知っていて、知られています。
知識は致命的な友人です、だれも規則の用意をしないとき。
馬鹿の手のわかりました、全人類Isの運命。

混乱は私の碑銘になるでしょう。
私がひび割れていて起伏の多い経路を這うので。
それを作るなら、私たちは皆、傍観して、笑うことができます。
しかし、私は、明日、泣くと恐れます。
はい、私は、明日、泣くと恐れます。
 - - - - - - - - - -
エキサイト翻訳で、名曲キングクリムゾンのエピタフの歌詞を無理やり和訳してみました。
所々勘違いがあるようですが、何となく判ることこそおかしけれ。
by yokuya2006 | 2011-05-15 20:04 | 趣味の音楽 | Comments(4)
Commented by haru123fu at 2011-05-16 20:32
まさに今を唄っていますね。
>何となく判ることこそおかしけれ。
何となく判ることこそ、とても風情を感じさせるのですね(笑い)
ザ・ピーナッツが、カバーをしていたとはビックリです。
Commented by yokuya2006 at 2011-05-16 21:03
えっ、ザ・ピーナッツが! 本当ですか!
私はグレク・レイクの声が好きでしたね。ロッカーにしておくには勿体ない美声でした。過去形?
Commented by rollingwest at 2011-05-18 06:31
エピタフはやはり一番の名曲です!クリムゾンキングの宮殿・21世紀の精神異常者・アイトークトゥザウインドなどデビューアルバムはキラ星の如くです・。名盤と言われるレッドは小生にとっては難しすぎます。
Commented by yokuya2006 at 2011-05-18 21:01
宮殿とポセイドンは、今でもよく聞きます。若干遅れてモアーンと響いて来るメロトロンの音が好き。