4/8 遠州小松まで

昨日夜の地震には驚かされた。浜松の宿で、さあ寝るか」の時に揺れがきた。ゆっくりと長い間、揺れていた。またもや宮城県沖の大地震だった。被災者は、また肝を冷やしたことだろう。
f0057955_11281613.jpg
朝起きて、遠州鉄道を初体験。JR浜松駅の横から、北上する路線があるのだ。
始発の新浜松駅のホームには、旧車両が陳列?停車してあった。f0057955_11452980.jpg
地元では「赤電」と呼ばれて親しまれているらしい。

ガラスを多用した近代的な高架の駅舎から出発して、しかし高架はそのうち地上に降りて、走る電車の周囲からはゆっくりと都会のビルが消えてゆく。
と言っても田園地帯でもない、ずーっと市街地が広がっているような印象だ。なるほど昔から人々が住み暮らしている土地なのだ。

この路線は、天竜川と交わるあたりで天竜浜名湖鉄道と接続していると言う。そうだ、先日降りたJR掛川駅の横に、確かこの私鉄の始発の駅があったっけ。ヒマが出来たら、カミサンと私鉄沿線の旅なども面白かろうな。

遠州小松駅で降りて、営業マンと合流して得意先を訪問。昼過ぎには再び遠州小松駅から新浜松、おっ、各駅停車でない新幹線にちょうど乗れそうだ。あたふたとサンドイッチを買い込んで、電車に飛び乗る。着いた東京駅は節電でうす暗く、ああ関東に帰ってきたと実感した。

強い風が吹いており、京葉線は遅れている。4時過ぎに事務所に戻って、猛然と仕事をして、7時過ぎに会社を出て、カミサンと待ち合わせて外メシにした。風は強く、空気が湿ってきた。夜半から雨になるのだろうか。
by yokuya2006 | 2011-04-08 22:03 | 仕事と出張 | Comments(0)