3/21 守り人シリーズ読了

f0057955_1922857.jpg上橋菜穂子 著、偕成社

新潮文庫で7刊まで出ていて、現時点で文庫化されていない最後の物語「天と地の守り人」は三部作である。

これは当然、続きを読まねばなるまい。
偕成社から軽装版で出ている三冊を見つけて購入した。

実に面白かった。
境遇と経験が鍛えた青年皇子チャグムが、果敢に運命に挑む。
これを守り助けるバルサ。各々の立場で、役割を悟って機敏に働くシュガ、トロガイ。そしてタンダの危機。

「父上、おさらば!」チャグムの声が、まだ耳に残っているかのようだ。
by yokuya2006 | 2011-03-21 21:19 | 趣味の読書 | Comments(0)