3/15 静かな夜

14日 月曜日、地震騒動の週が明けての出勤日、いや土曜日にも会社には出たんだけど。
電車が動いていないので、出社する社員も限られる。計画停電の話もあって、9時20分前には会社指令で一度PCの電源を落とす。その後は恐る恐る電源ONして、仕事をする。

結局、停電はなかった。しかし夕方からは、計画停電がやはり我が第2グループに及ぶかもしれないと言うから、定時の5:30を過ぎたら急いで帰宅した。通勤途上は、噴き出した砂が乾いて舞うので、マスクをして自転車を走らせた。

上の息子は、都内の会社務めなので、今日はお休み、家にいた。
下の息子は、たまに帰った我が家だと言うのに、何処にも出掛けられず、やはり家にいて、カミサンも停電に備えて早めに帰宅して晩飯の準備をしてくれていた。一度は回復した水道は、夕方から工事で再び断水。しかし、夜8時頃には復旧の連絡があった。有難い。

15日 火曜日、私は今日は会社を休みにした。東電の原発事故の発表が歯痒いが、ここはプロに任せざるを得ない。しかし、もう少し情報を受け取る側の立場で説明ができぬものか。企業人なのに、頭悪いんじゃない? 要領悪過ぎ、これじゃあ政治家と一緒ではないか。暴言多謝。

昼前には、実家に戻っても一度も友達と会えず札幌に戻る羽目になった息子を、駅まで送る。
すれ違うおばさん達が、皆トイレットペーパーとティッシュペーパーを両手にさげている。
駅前のスーパーなどは、入店待ちの長い列ができて入場制限をしているのだから驚く。
落ち着け!と言いたい。死んでも一度である。何を慌てているのか、いい歳をして。
同じ事を繰り返すテレビばかり見ているから、その気になるのだろう。ヒマな方々が殺到して、本当に物資を必要としている人を窮地に追いやっているのではないか。テレビなど消してしまえ。それこそ電力の無駄である。ついでに言えば、取材ヘリは燃料の無駄である。

私は、米を買う人たちの列を横目に、昼間から今日の夜のビールと日本酒を買い、酒をぶら下げたままクリニックに行って処方箋をもらい、向こう30日の薬を確保した。会社から危機管理メールが届いて、石巻の同僚の無事を伝えられる。高台に避難したとの連絡の後で消息不明であったのだ。
f0057955_2361354.jpg
明日は電車が走るのだろうか。仕事ができるのだろうか。日本を支える勤労サラリーマン達よ、日常を取り戻すために、ここは頑張って持ち堪えるのだ。地震から4日目、千葉は静かな夜である。
by yokuya2006 | 2011-03-15 21:35 | 日常の雑感、覚書 | Comments(4)
Commented by 角之倉 at 2011-03-16 10:23 x
まったく死んでも一度です。
お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りするとともに
生かしてもらっている私達がしっかりしないとと思っております。
Commented by kimi at 2011-03-16 10:30 x
yokuyaさん、ご無事で何よりでした!
このたびは地震発生当初の予想をはるかに上回る事態が続いていますが
遠く離れたこちらでもやはり報道から不安感をあおられた人々が電池や水、保存食などを買占めする動きが出ています
こういうことホント避けたいものですよね
みんなが必要なものだけを買えば混乱は起こらないのに、、、

それにしても昨夜はまた静岡で大きな地震が起こったりとまだまだ心配ですが
とりあえず今日もお仕事頑張ってくださいませ
Commented by yokuya2006 at 2011-03-16 20:41
角之倉様、歩が社でも自転車乗りが急増しています。
自転車置き場は一杯です。いつもは3台だけなのに。良い事です。移動手段に原動機は要らない。私も社内で自転車普及員となって頑張ります。ママチャリよりも、少しの投資をするだけで、楽しい自転車生活が貴方を待っていますよって。
Commented by yokuya2006 at 2011-03-16 20:46
kimiさん、お互いにできる仕事にベストを尽くすしかないのでしょう。
原発も心配ですが、プロに任せるしかないでしょう。
サラリーマンとしては、企業活動を通じて社会に貢献する、いつもの仕事を成すのみであります。