3/6 さっぽろ藤野ワイナリー

実家での休日は、NPOの年度会計に充てている。
3月末までの入出金を想定して、とりあえず会計を仮〆して収支計算書をまとめてみた。
非収益事業は若干の赤字になり、収益事業の税引き前利益が56万円ほど、来期当初に支払う国・県・市への法人税額は、合わせて21万円くらいになりそうだ。うーん重税感!!

国税は所得の18%だし、県や市の均等割額は所得の少なさに寄らず2万円と5万円だから、要するにもっと事業量を増やさねばお金を残せないのだが、サラリーマンの片手間ではこれ以上注力する時間が生み出せない。請負業務を一つ入れてしまったら、正直あとが何も出来なくなっているのが現状なのだ。来年度に向けての課題である。

ある程度の目処がついたところで、作業を中断して散歩に出る。
吹雪が続いたと言う札幌だが、今日はとても温かで道路の雪も溶けている。
f0057955_170298.jpg
古楽と言う名の蕎麦屋、こんな山の上の住宅地にある。隠れ家的存在を狙ったのだろうか。手打ちで、外二と言うから蕎麦粉とつなぎは10:2、蕎麦粉の割合は10/12で83%となる計算だ。
f0057955_1702443.jpg
国道沿いまで山を降りていけば、何とワイナリーを発見した。
さっぽろ藤野ワイナリーは2009年からの創業で、初年度のワインは数百本しかなかったことから完売し、今年が本格発売であるらしい。
試飲させてもらったが、極めて辛口。辛口でなければ料理に合わないとのポリシーとか。そんなことも無かろうとは思いますがねぇ。この奥にイタリアンレストランも開いているらしい。
家族が集まった時に飲む楽しみにしておこうと、買い込んで戻り実家に置いておく事にした。

何もなかった藤野のお山だが、橋がかかりトンネルが出来て路線バスが走るようになったら、蕎麦屋もできるワイナリーまでできる。文明の波がようやく札幌の辺境にまで届いてきたらしい。
地球の自転方向で夕暮れが早い札幌だが、5時半になってもまだ外は明るい。日が長くなってきた。
by yokuya2006 | 2011-03-06 17:23 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)