1/6 寒波襲来

昨日の午後から、とんでもなく寒いのだ。
風も強い。自転車でも漕いでいなければ、ただ歩いているだけでは体が冷え切ってしまう寒さだ。
雪が無いが、体感温度は札幌のほうが暖かかったのではないだろうか。不思議だ。何故なんだろう。

午前中はメールのやり取りで時間が過ぎる。昼休みには、NPOの源泉所得税を計算して振込用紙に書込み、銀行で預金をおろし、郵便局で振り込んで、慌ただしく昼飯を食べて戻る。

午後からはベンチャーの社長さんが来て、中国ビジネスのいろいろ打ち合わせ。終わって、ようやく新製品の伺書を完成させて社内に通知して、委託試験の手続きを進めて、ほらもう終業時間だ。
寒風の吹きすさぶ中、札幌から戻ったカミサンと駅前で合流して夕飯を食う。さあ、これで私は、自らの食事の心配をしなくともよい境遇に復帰することができたわけで、有難い、有難い。

ドイツのダイオキシン騒動は、オランダの原料云々は誤報で、ドイツ国内の誤用された油脂に原因があったようだ。これは我が国には輸入されていないとのことで一安心である。
by yokuya2006 | 2011-01-06 21:38 | 日常の雑感、覚書 | Comments(2)
Commented by haru123fu at 2011-01-07 19:28
いえいえ、とんでもありません。最高気温-7℃。高速道路も閉鎖。
車のライトもほとんど見えない状態の猛吹雪です。
これも全てyokuyaさんが千葉に戻られたせいですよ。
yokuyaさんが札幌いらしてたら穏やかな天気だったのに。(笑)
Commented by yokuya2006 at 2011-01-07 21:53
うふふ、札幌の冬も本気出してるみたいですね。
北海道ですから、寒くて当たり前でないかい。千葉より暖かい訳ないしょや。
でもね、千葉も本当にとっても冷えているのです。うー寒い。