12/31 今年一年を振り返る

1月 昨年末から味をしめて佐々木譲の小説群を読み漁っていた。そーしたら第141回の直木賞を受賞され、俄か読者としても嬉しい。SF翻訳家の柴野拓美氏が亡くなられた。晩年の名訳レンズマンシリーズには、堪能させていただいたものだ。NPO法人の源泉所得税の計算方法と支払方法を、苦労の末に体得した。

2月 行きつけの蕎麦屋が閉店してしまい、昼飯の蕎麦難民となる。ブログ友達を千葉にお呼びしたが、今から思えば申し訳ない勇み足であった。NPOの会計の〆作業と初めての納税に向けて四苦八苦した。SF翻訳家の浅倉久志氏も亡くなってしまわれた。

3月 新原料の仕事が、間抜けな商社のお陰でメタメタになり、社内にも迷惑をかける。NPOの年度〆はどうにかまとめ終えて一安心をした。

4月 マンガ大賞「テルマエ・ロマエ」に衝撃を受ける。春の低温多雨の天候不順にやきもきする。そして何といっても口蹄疫の発生が大事件であった。我が業界はまさに大変なことになった。

5月 NPOの確定申告を済ませ、国・県・市に納税を済ませる。これで、収益法人としての源泉徴収、会計帳票作成と決算、納税までが何とか理解できた。やってみれば覚えるものだ。前歯のブリッヂが壊れて、月末から歯医者に通い始めた。

6月 農水大臣の退場で、副大臣に篠原孝氏が就任した事を喜んだ。NPOの朝市は大盛況だった。

7月 暑い夏が到来、これでもかと暑い夏日が延々と続いた。大工事の末に歯医者が終了、金がかかった。口蹄疫がようやくの終息を見た。月末には妹の一周忌から戻ってすぐに、下の息子が盲腸の緊急手術となり慌てた。SF作家のジェイムズ・パトリック・ホーガン氏死去。ガニメアンシリーズを始めとして楽しませていただいた。クロニア人の三部作は結末が読めなくなってしまったな。

8月 暑い日がもう嫌になるくらい続いた。NPOの夏祭り出店は、そこそこ成功裏に終わった。勤務先では10月から担当業務が変わることになり、幾つかの懸案を抱えつつ、引き継ぎにも追われた。

9月 酷暑と旱魃の千葉だったが、上旬には大雨が降って、今度は市内が一部冠水する騒ぎ、その後はまたしぶとく暑い日が続いた。菅総理大臣は続投、農水大臣は交代したが篠原副大臣は留任となったのは救いだ。札幌での通勤用にクロスバイクを買った。

10月 クールビズ終了と共に、あれだけ暑かった夏も終わった。新規業務で月に三度も北海道に行く羽目になった。札幌での自転車通勤を楽しんで、自転車にハマり、千葉でもクロスバイクを買ってしまった。唐突に提出されたTPP、客観的に議論を眺めれば農業に対する世の中の無関心が今更ながらに身に染みた。

11月 自転車通勤と休日のポタリングの楽しみができた。東北、中国から九州、そして北海道と出張で忙しく、事後処理をこなしきれず土日の出勤が増えてきた。

12月 年末までにやるべき事が、交代の挨拶が、社内コンセンサスと外部との調整が押し寄せてきて忙殺された。よせばイイのに他部署の不手際に口を出して、ますます忙しかった。24日の昼までで無理やり今年の仕事はお終いにして帰郷、ようやくノンビリした日々を過ごしている。

業界的には、穀物相場のまたもやの高騰、円高基調と言うより通貨不安、鳥インフルの侵入と、隣国で拡大を続ける口蹄疫など、来年に向けても心配事が盛り沢山だ。
国政も相変わらず無能を晒してレベル低過ぎ、この国はどうなる。
自転車の効用で身が軽くなったのが有難い。来年も自転車で体調を管理しつつ、果敢に丁寧に仕事をこなしていこう。

年明けは、会社では新製品の立ち上げ、NPOでは源泉所得関係の作業が私を待っている。
by yokuya2006 | 2010-12-31 09:02 | 日常の雑感、覚書 | Comments(2)
Commented by urasimaru at 2011-01-01 13:02
たいへんな一年でしたね。
多忙な時期が続きそうですが、どうかお元気にお過ごしください。
今年もよろしくお願いします♪
Commented by yokuya2006 at 2011-01-01 13:56
urasimaruさん、地面と虫さんのページでも楽しませていただいております。今年も宜しくお願い致します。