11/30 月末に授業料納付を思い出す

29日 事務所で仕事して、昼前の打ち合わせに研究所まで自転車を走らせる。打ち合わせを終えれば、近所のコンビニで焼き立てパンとミルクティを買って牛舎のベンチで昼食とする。
堆肥舎の堆肥の顔つきが思わしくない。シーンとして、微生物の息吹が感じられない。水分調整や切り返しに手を抜いているのは、残念ながら一目瞭然だ。ブロワは回っても、堆肥から湯気が上がらないのは、堆肥の水分が多いなどして、密度が上がっているのだろう。腹が立つのでブロワの電源を落としてきた。どうせ電力の無駄使いなのである。今度の土日は、堆肥舎の通気管の掃除と切り返しでもやってやろうか。研究員Tと打ち合わせして、夕方に事務所に戻り、ひと仕事して帰宅する。

30日 そう言えば11月末日までに、下の息子の大学の授業料を納付しなければならなかったのだ。カミサン、思い出してくれて有難う。午後から会議なので、昼前に銀行から大金27万円をおろして郵便局で振り込み送金した。モノレール千葉駅では、「社長の机」実行中の生おーさんにお会いすることができた。ちょうど季節の我が社のシクラメンを差し入れて、来週お伺いしますので宜しく。

午後から会議、終われば今度TV会議、席に戻ってメールやら報告やら、いけねぇもうこんな時間だと自転車を飛ばして帰ってきた。明日から12月、既に大半は予定が入ってしまった事である。
by yokuya2006 | 2010-11-30 22:10 | 日常の雑感、覚書 | Comments(4)
Commented by asang at 2010-12-01 06:13
ご無沙汰しています、インドネシアのAsangです。
「堆肥の顔つき」「微生物の息吹」。
愛情溢れるバイオマスおやじさんの表現に、
いつもながらニンマリしてしまいました。

ご子息の学費の振込みですか。
私もそんな風に親に面倒を掛けてきたんだな、と
ふと日本の家族が恋しくなりました。
Commented by haru123fu at 2010-12-01 16:31
12月になりましたね。先生も走る師走。それでなくてもお忙しい
yokuyaさんの事だから、もっともっと自転車で走らなくてはならないのでは?
「大学の授業料」久しぶりにこの言葉を聞きました。
もう数年前のことなのにドキッ!大金(私にはものすごく)を期日
までに振り込まなくては。。。
そんな息子も今は結婚して世帯を持って、なんとか親のつとめを
終えることができました。
走りすぎて、事故などに遭わないよう気をつけてくださいね。
Commented by yokuya2006 at 2010-12-01 21:36
asangさん、安易な物質文明を拒絶する集落のレポート、驚きながら見せてもらっていますよ。とても貴重な記録だと思います。
人と人との距離が近く、濃厚で、しかるが故に自ずと決まる社会性、今の日本人がとことん下手くそになったものが、凝縮されているのだろうと思います。ここまで入っていける貴殿の感性は、素晴らしいと思います。
Commented by yokuya2006 at 2010-12-01 21:38
haru123さん、学費を払う息子がいるのも幸せかもしれませんね。自転車ね、楽しいです。疾走しておりますよ。