11/8 自転車通勤

今日も晴れていて自転車日和。嬉しい。
自宅がある稲毛海岸から職場の千葉みなとまでは、直線距離にして3キロちょっとらしい。流石に自転車で道路を走れば、直線距離とはいかないけれど、それでも朝は20分かからずで会社に着いてしまって、少し未練が残る。

今日は午後から、稲毛区の外れにある研究所で打ち合わせだ。これ幸いと自転車で走ってみた。
これは直線距離にして8キロ弱といったところで走り甲斐がある。しかし、走ってみれば40分と少しで着いてしまって、道中は楽しかったが着いてみればこんなものか。日中は暖かく、上着を荷台に縛り付けて、ワイシャツに腕まくりしての走行スタイルだ。

帰路は暗くなっていたので飛ばせない。小一時間でゆっくりと帰ってきた。
気をつけねばならぬのが学生共の自転車で、2台3台並行して道路を塞いで走ってくるから、こちらは止まらざるを得ない。彼らには道を開けるという頭が無い。また自分が止まることなど辞書に無い。獣以下の脳みそだからどうしようもないのだ。まったく親の顔が見たいが、きっと親も同様の神経回路だから子供もこう育つのだろうな。日本の民度は確実に低下している。

も一つ危ないのが、オバサンの自転車運転で、自動車もそうだがオバサン感覚は明らかに自分が中心で世界が回っているから、これは怖い。子供を産んだら怖いものがなくなるのがオバサンであるから、良識あるオジサンは縁石に足を置いて自転車を停めて待つのである。

ごく稀に、狭い歩道で対向した相手が、私と同様に停まって道を譲り合う事がある。この時ばかりは大人同士の挨拶をしてすれ違う事になるのだが、心温まるこの場面も安心してはいけない。私の後ろから走ってきた若い男性の自転車が、何故ここで停まるのだ」とばかり私をスイと追い越して割り込んでゆくことがあるので油断ができぬ。こーゆーのに限って、イヤホンなどしていて、それでは周囲の情報を把握しきねぬだろうに。自転車は五感を駆使して走る道具だ、知らぬのか!
周囲の大人に道を譲られて自己満足する姿に、恥を知れと言いたい。がしかし、恥が通じない世の中である。親父ローディーよ、もって規範を示すべし!
by yokuya2006 | 2010-11-08 20:20 | 自転車 | Comments(2)
Commented by michijane99 at 2010-11-09 07:17
自転車通勤、楽しいことばかりではないようですね?ずいぶん昔に私も自転車通勤したんですよっ!ママチャリで45分…あの頃私は若かった~!!
Commented by yokuya2006 at 2010-11-09 11:01
やはり、総じて楽しいことです。札幌は、もうすぐ乗れなくなるでしょうが、春になったらmichijanさんも自転車を再開しませんか。もう、馬糞風も車粉風も無いことですし。