11/5 販売実績を深く掘る

夢のお告げの通り、季節性のある商品の累計販売高をグラフ化して見ると、ある月の異常値が気になり始めた。前年実績より、予算より、明らかに突出している今年の販売実績である。
売れているのは良い事だが、何故、何処で、何が理由でこうなのだ。気になりだすとどうしようもなく、販売実績を納めるデータベースから解析に適当な切り出し方を模索しながら、データを吟味してグラフ化してみた。

なるほど、この営業所がこうして伸ばしているのだと納得して、今日の仕事をやめにした。
私の役目はプロダクト・マネージャー。販売実績をあげた営業所とは、喜びを分かち合うのも仕事であろうと思う。埋もれがちな小規模製品でも、努力には正当な評価が必要なのである。

ところで、世の中はTPPが突然の話題である。篠原副大臣が「TPP問題で答弁引っ張りだこ」の記事をアップしている。この方の判断を私は信頼しているのだが、このTPPは、なかなか難しい要素をはらんでいるものだと思う。自由化を歓迎する意見も実は聞こえるなかで、素人には判断が難しいことである。
by yokuya2006 | 2010-11-05 21:41 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)