10/8 はじめてのやのあきこ

f0057955_15584966.jpgヤマハミュージックコミュニケーションズ、2006年3月の発売と書いてある。

ピアノと少しの楽器だけの、ボーカル主体のセルフカバー6つと新曲1つの全7曲。
其々違う共演者6人が、これまた豪華絢爛だ。

「ひとつだけ」では、忌野清志郎さんとの掛け合いが、ハモニカが、まさに鳥肌モノ。「そこのアイロンに告ぐ」では、ジャズピアノの上原ひろみさんとの共演が緊張感ビリビリだ。これは凄いアルバムである。

サンディーのSUNSETZ時代のCD2枚に、ハワイアン系の最新作も一緒に買って、PCサイドミュージックも充実したな。
by yokuya2006 | 2010-10-08 15:21 | 趣味の音楽 | Comments(0)