10/5 すず音と柑橘

f0057955_21222089.jpg4日 先月末まで所属していた部の皆さんに、送別会のお礼も兼ねてお酒を配る。

オジサンがお菓子では何だし、一人一人の個性に合わせたワインも考えたが、高くつく。結局、一の蔵のスパークリング日本酒「すず音」を選んだ。女の子用には淡い桃色が綺麗な「花めくすず音」100円高いけど、まっいいか。皆様お世話になりました。

新しい机に向かって、あれこれするうちに、あっという間に8時を回り帰宅した。

5日 朝から千葉市内の社の別事務所で、新業務の打ち合わせ。
昼から戻って、まとめやら経費清算やら準備やらするうちに、またしても8時に近づき慌てて帰宅した。没入し出すと、きりがないのである。

研究所に植えた柑橘類の木が、今年は実をつけた。
確か、札幌で面白半分に種を植えたら芽を出して、そのまま鉢植えで千葉に連れてきて、大きくなったので研究所に運んで行って地面に下ろしたものである。柚子だったか甘夏だったか、定かでない。

鉢植え時代には、アゲハの幼虫にすっかり葉を食べつくされたり、水やりを怠って一部が枯れたりと散々なめに会わせてしまったが、土に下ろせば本来の生命力を発揮して、もう3mに達しようかとの勢いだ。種から、きっと20年以上が過ぎている。

この実は秋の深まりと共に色づくのだろうな。食べてみて、初めて素姓が判明するのも一興である。
f0057955_2241420.jpg

by yokuya2006 | 2010-10-05 22:06 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)