6/16 政治献金をしてみた

篠原孝氏が農林水産副大臣になった。
氏は、時代に先駆けて、民族の成立に欠かせない食環境からの農業論を展開し、輸出品目と比べ競うのも愚かな農業生産のあるべき形を、また食料の安全保障、農業の本来持っている付加価値創造に、自給を前提とした持続的・環境保全型農業の在り方などを、つねに発言してきた方である。農水官僚にも、こうまで旗色鮮明な方がいるのだと、昔からファンだった。
f0057955_2040550.jpg
あれこれ問題ある民主党だが、氏を副大臣に据えたことは上出来である。
篠原孝氏のブログをみれば、相変わらずクレバーで率直で真中を突いた発言が心地よい。

この人ならば支援したい。氏のブログから全国講演会への入会申し込みをした。
年会費は3,000円だそうで、個人献金7,000円を含めて、昨日の夜に金一万円をネット銀行から振り込んだ。NPOの生ごみ処理機メンテナンスの日当があり、バイオマスの地域循環の作業をして得たお金だから、氏への献金にもちょうど良かろうと考えたのだ。

政治献金なんて新聞ではよく見るが、自分でやろうとは思わなかった。
今日、自宅に戻ってPCを開ければ、永田町の氏の国会事務所、衆議院第1議員会館 538号室のご担当からお礼と受領確認のメールが来ていた。

・・・また、この口蹄疫の問題のみならず、日々弱くなりつつある日本の農林水産業への対策は待ったなしの状況であり、今回与えられたこの職責を全うし、日本の農林水産業の明るいビジョンを示せるよう努力して参ります。 今後ともご指導、ご支援の程何卒よろしくお願いいたします。・・・とのこと。
官僚経験のある実務派政治家として、是非とも奮闘していただきたいものだ。
by yokuya2006 | 2010-06-16 20:40 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)